日本に学べと言うけど「具体的には何を?」、「やっぱり民度だ」=中国報道

日本に学べと言うけど「具体的には何を?」、「やっぱり民度だ」=中国報道

中国のネット上では「日本に学ぶべきものは多い」という主張を見かけることが少なくない。日本には優れた点がたくさんあると多くの中国人が認識していると言えるが、具体的にはどのような点が学ぶに値することなのだろうか。(イメージ写真提供:123RF)

 中国のネット上では「日本に学ぶべきものは多い」という主張を見かけることが少なくない。日本には優れた点がたくさんあると多くの中国人が認識していると言えるが、具体的にはどのような点が学ぶに値することなのだろうか。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本も完璧な国ではないが、それでも日本人の民度の高さは認めざるを得ず、学ぶべき点も少なくないと伝え、中国が学ぶべき日本の美点について伝えている。

 記事はまず、「日本人が自発的に列に並ぶことができ、誰も割り込まない」ことを挙げ、日本では長蛇の列ができても割り込みなどによるトラブルはまず起きないと伝え、誰もが静かに列に並べることは中国にとって学ぶべき点であると主張した。中国も以前に比べれば列に並べる人が増えたが、それでも列への割り込みは往々にして見られる。割り込まれることを避けるため、列に並ぶ前の人との間隔をできるだけ狭くしてぴったりとくっつくように並ぶ人びとの光景を見ることもある。

 さらに周囲の人への「配慮」も学ぶべき点だとし、たとえば日本の地下鉄では車内で大声で騒ぐ人はいないと指摘。携帯電話で通話する人も見られず、誰もが読書をしたり、携帯電話を見たりして静かに乗車していると指摘、話をするにしても小声で周囲の乗客の邪魔にならないよう配慮していると指摘した。中国の鉄道やバスでは携帯電話で話をする人は普通に見られる。周りの人も大して気にしていないように見えるが、やはりうるさいよりは静かな方が良いということなのだろう。

 また、日本の鉄道では車両内に網棚が設置してあって手荷物を置いておくことができるほか、女性専用車両もあって女性客に対して配慮があると紹介。さらに駅にはコインロッカーがあるため荷物を持ってウロウロしなくて済むのは非常に便利だと指摘し、こうした点も「配慮」であると賞賛し、中国にとっては学ぶべき対象であることを強調した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)