ゴミ箱がない日本のトイレ、紙を流しても「まさか詰まらないのか?」=中国

ゴミ箱がない日本のトイレ、紙を流しても「まさか詰まらないのか?」=中国

中国を訪れたことのある人ならば、中国のトイレでは便器の横にゴミ箱が置いてあるのを見たことがあるかもしれない。これは使用済みのトイレットペーパーを捨てるためのゴミ箱であり、たとえ水洗トイレであっても日本のように紙を流すと詰まってしまう可能性があるためだ。すべての水洗トイレがこのとおりではないものの、中国では今でも使用済みのトイレットペーパーを流してはいけないトイレは少なからず存在する。(イメージ写真提供:123RF)

 中国を訪れたことのある人ならば、中国のトイレでは便器の横にゴミ箱が置いてあるのを見たことがあるかもしれない。これは使用済みのトイレットペーパーを捨てるためのゴミ箱であり、たとえ水洗トイレであっても日本のように紙を流すと詰まってしまう可能性があるためだ。すべての水洗トイレがこのとおりではないものの、中国では今でも使用済みのトイレットペーパーを流してはいけないトイレは少なからず存在する。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本のトイレでは使用済みのトイレットペーパーをそのまま便器の中に捨てて流すことができると伝えつつ、中国のトイレでは紙を流すことができない理由について紹介する記事を掲載した。

 記事は、中国国内のトイレ内にゴミ箱が設置してあることは「日本人にとっては理解できないことかもしれない」と伝える一方、中国には中国特有の困難があるのだと主張。トイレットペーパーを便器内に捨てて流すとトイレが詰まってしまう可能性があると指摘する一方、ゴミ箱が設置されていない日本のトイレは「まさか詰まらないのか」と疑問を投げかけた。

 さらに、日本を訪れた経験のある中国人は「日本のトイレには中国のようにゴミ箱が設置されていない」ことを知っているはずだと伝え、世界でもっともきれいな日本のトイレには「使用済みトイレットペーパーをゴミ箱に捨てる習慣はない」と紹介。日本のトイレは「水流の強さを確保しつつ、節水も可能」であるなど、実用的かつ先進的であり、使用済みのトイレットペーパーを流したくらいでは詰まらないのだと伝えた。

 一方、中国の水洗トイレは水流が弱いうえに下水管が細い場合があり、しかもトイレットペーパーは水に溶けにくいものが広く使用されていると紹介。それゆえ中国では紙を便器に捨てると詰まる可能性があるのだと伝え、中国も早く日本のように便器に使用済みの紙を捨てられるようになってもらいたいと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)