日本人が規則を守ることは「中国で周知の事実」、でもなぜ守るのかは分からない=中国

日本人が規則を守ることは「中国で周知の事実」、でもなぜ守るのかは分からない=中国

「ルールや規則を守って、周囲との和を大切にする」。中国人の多くが日本人に対してこのようなイメージを抱いている。中国人は日本人と比べると「何が何でもルールを守る」という意識は希薄だと言えるだろう。中国人にとってルールは状況に応じて臨機応変に対応すれば良いだけの「基準」に過ぎないと言えるだろう。(イメージ写真提供:123RF)

 「ルールや規則を守って、周囲との和を大切にする」。中国人の多くが日本人に対してこのようなイメージを抱いている。中国人は日本人と比べると「何が何でもルールを守る」という意識は希薄だと言えるだろう。中国人にとってルールは状況に応じて臨機応変に対応すれば良いだけの「基準」に過ぎないと言えるだろう。

 それだけに中国人にとっては、日本人の多くがルールや規則を尊重し、自ら進んで規則を守ろうとすることが理解しがたいことのようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本人はなぜ中国人と違ってルールを守ろうとするのかと疑問を投げかける記事を掲載し、中国人たちが議論を交わしている。

 記事に寄せられたコメントを見てみると、「サッカー日本代表の応援のためにスタジアムを訪れた日本人サポーターたちが試合後に清掃活動を行なった」という話や、「東日本大震災という未曾有の天災に直面しても、被災者は物資をもらうために列を作り、割り込みや略奪はなかった」という話は中国でも有名だとしたうえで、日本人が規則やルールを守れるのは「自然災害が多いこと」が理由ではないかという意見が見られた。

 つまり、日本は昔から地震をはじめとする天災にたびたび襲われてきたが、「こうした環境が相互扶助の意識を生み、相互意識が集団意識を強め、集団意識がルール順守の精神につながった」という意見だ。確かに一理ある意見だが、天災という意味では中国も多い国であり、天災だけが理由ではなさそうだ。

 一方、日本人がルールを守るのは「本質や理由を追求しようとしないため」ではないかという意見があった。日本人がルールを守る国民性であるのは事実だが、日本人は従順であるため、「ルールの意味や目的、背後にある理由を追い求めず、言われるがまま盲目的に守っているように見える」という指摘も見られた。

 そのほか、日本人は「恥」をかくことを嫌う民族であり、ルールを守らないことは「他人から白い目で見られ、恥をかくこと」を意味するため、恥をかきたくないがために日本人はルールや規則を尊重するのではないかという意見もあった。やはり、中国人としては、日本人がルールを守る国民性であることが不思議でならないようで、記事には多くの中国人が様々な意見を寄せて議論を交わしていた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)