日本の日本車と、中国の日本車 思いもよらない違いがこんなにあった!=中国メディア

日本の日本車と、中国の日本車 思いもよらない違いがこんなにあった!=中国メディア

中国メディア・今日頭条は28日、「日本にある日本車と、中国にある日本車 思いもよらない違いがあった」とする記事を掲載した。記事は「どのブランドでも、市場が異なればリリースされる自動車のラインナップが異なる。それゆえ、中国で見かける日本車と日本で見かける日本車では、全く違うのだ」としたうえで、日本を訪れて感じた両者の違いについて9つ紹介している。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・今日頭条は28日、「日本にある日本車と、中国にある日本車 思いもよらない違いがあった」とする記事を掲載した。記事は「どのブランドでも、市場が異なればリリースされる自動車のラインナップが異なる。それゆえ、中国で見かける日本車と日本で見かける日本車では、全く違うのだ」としたうえで、日本を訪れて感じた両者の違いについて9つ紹介している。

 まずは、セダンが多い中国に対して、日本ではボックス型の日本車が主流になっていると紹介。「日本は人口密度が高く、道路交通に掛かる負荷も大きい。ボックス型は室内空間を最大限にできる一方で占有面積を減らすことができるため、日本でこのタイプの自動車が流行するのも当然と言えば当然だ」とした。

 続いては、SUVの保有割合が中国に比べて少ないことを挙げた。その理由について記事は、日本の道路条件が概ね良好であり、悪路走行に適した性能の必要性が薄い点を示している。一方、北海道など雪深い地域ではSUVが相対的に多いとも紹介している。

 さらに、日本には独自の規格である軽自動車が数多く走っており、郊外や農村地域で特に割合が高くなっている一方、公共交通機関が発達している大都会では軽自動車は比較的少なく「自動車を持っていないか高級車に乗るかのどちらかである」と伝えた。

 このほか、中国のユーザーに比べて愛車を改造をする人が少ないこと、スポーツカーの保有比率が低いこと、ハイブリッド車が主流になりつつあること、マニュアル車がほとんどないこと、ほとんどの車にサンルーフがついていないことを挙げた。また「すべての自動車がとてもきれい。中国で最もきれいな自動車は日本では平均レベル。逆に日本で最も汚いレベルの車は中国では一般的な汚さ。特にトラックでその傾向が顕著だ」とも論じている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)