「日本人みたい」って言われる中国人たち、何が理由でどう感じているのか=中国メディア

「日本人みたい」って言われる中国人たち、何が理由でどう感じているのか=中国メディア

日本人と中国人の外見は似ているものの、やはりどこかが違っているように感じられ、日本人から見れば街を歩いている中国人旅行客はそれとなく中国人であることが分かるし、中国人から見ても中国にいる日本人はやはり見分けがつくことがあるようだ。(イメージ写真提供:123RF)

 日本人と中国人の外見は似ているものの、やはりどこかが違っているように感じられ、日本人から見れば街を歩いている中国人旅行客はそれとなく中国人であることが分かるし、中国人から見ても中国にいる日本人はやはり見分けがつくことがあるようだ。

 だが、なかには「日本人のように見える中国人」もいるようで、中国メディアの今日頭条はこのほど、「他人から『日本人のようだ』と言われる」という中国人たちの声を紹介する記事を掲載した。

 反日感情が根強く存在する中国だが、「日本人に似ている」という事実が日常で何らかのデメリットになることはないようだが、仕草や態度から「日本人に似ている」と言われる中国人は少なからず存在しているようだ。特に、日本語を勉強したことのある中国人は「知らず識らずのうちに日本人に似てしまう」ということがあるらしい。

 たとえば、日本語を勉強する過程で身についてしまう仕草の1つとして「お辞儀」を挙げる意見が見られ、頭を下げてお辞儀をする行為は日本人にとって日常的な行為であるため、日本語を勉強し、日本の文化を学ぶうちに「いつの間にか身についてしまう中国人」がいるという声があった。確かに中国人は日常的にお辞儀をする習慣はなく、中国では「お辞儀=日本人」というイメージがあるため、お辞儀をする中国人は「日本人のようだ」と言われても不思議ではない。

 さらに、日本のアニメが好きな人などでは「鼻音による相槌」を使うケースがあり、これも中国人はあまりしない行為であるため、「まるで日本人のよう」に感じられるという。

 記事に寄せられているコメントを見てみると、やはり日本語を勉強したり、日本人と一緒に働いたりした経験を通じて、日本人の「仕草」や「態度」が移ってしまい、その結果として「日本人みたいだ」と言われることになったという中国人が多く見られた。しかし、「日本人みたいだ」と言われることを嫌がる人が特に見られなかったのはある意味で意外だった。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)