中国車と日系車の差、それは「ぶるぶると震えてしまう」ほど=中国メディア

中国車と日系車の差、それは「ぶるぶると震えてしまう」ほど=中国メディア

世界最大の自動車市場である中国。ドイツ車や日系車が人気となっており、実際に大きなシェアを獲得している。中国メーカーも近年は販売台数を伸ばしているが、中国人消費者の多くは「中国車はまだまだ日系車には敵わない」、「中国車に乗っていたのではメンツが立たない」と考えているとされる。(イメージ写真提供:123RF)

 世界最大の自動車市場である中国。ドイツ車や日系車が人気となっており、実際に大きなシェアを獲得している。中国メーカーも近年は販売台数を伸ばしているが、中国人消費者の多くは「中国車はまだまだ日系車には敵わない」、「中国車に乗っていたのではメンツが立たない」と考えているとされる。

 では、日系車と中国車には具体的にどのような違いがあるのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、中国車と日系車の差を認識すると「ぶるぶると震えてしまう」と論じる記事を掲載した。

 記事は、近年の中国車メーカーはエンジンも独自で開発できるほど技術力が大きく向上していると指摘し、実際に販売台数も伸ばしていると紹介する一方で、中国自動車市場で日系車は中国車にとってライバルとして眼前に立ちふさがる存在であるとし、「中国車が成長しているとは言えども、日系車とは比較するのがおこがましいほど差があるのが現状」だと論じた。

 続けて、中国メーカーは「ずっと日本メーカーのエンジンを使用し続けてきた」のであり、技術力が向上しているのは事実だが、「ようやく独自で開発できるようになった」程度であり、世界最先端のエンジンを持つ日本メーカーとの技術力の差は圧倒的だと指摘。たとえ中国メーカーがこれから10年、研究を続けたとしても現在の日本メーカーのエンジンと同等のものは開発できないだろうと主張した。つまり、時間的な物差しで言えば、エンジンでは日中の差は「10年以上」もあると強調した。

 さらに記事は、エンジンだけでなく、「トランスミッション」も技術力の差は圧倒的に大きいと指摘。日本には世界最先端のトランスミッションが存在するが、中国はようやくデュアルクラッチトランスミッションを独自で開発できるようになった程度だと紹介し、「中国企業の技術力が向上していることに喜んでいる中国人は多いが、日本企業と比較すると、ぶるぶると震えてしまうほどの巨大な差があることが分かるはずだ」と指摘した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)