中国車はついに「韓国車を超えた!」と言っても良いのだろうか? =中国

中国車はついに「韓国車を超えた!」と言っても良いのだろうか? =中国

中国メディアはこのほど、「ついに中国メーカーが奮起し、中国市場で韓国車を追い抜くことに成功した」と伝える記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 13億を超える人口を抱える中国はすでに世界最大の自動車市場となった。各メーカーにとって中国でのパフォーマンスは世界販売台数や業績そのものを左右するほど重要となっている。

 中国の自動車産業は他国よりスタートが遅かったため、中国政府は他国メーカーを積極的に参入させてきた経緯がある。しかし、それが仇となり、中国メーカーは国内市場を外資メーカーに奪われてしまったのだが、近年は技術力の向上が見られるという。中国メディアの今日頭条はこのほど、「ついに中国メーカーが奮起し、中国市場で韓国車を追い抜くことに成功した」と伝える記事を掲載した。

 記事は、2017年は中国車が奮起した1年だったとし、中国市場での販売台数を大幅に伸ばして中国人を喚起させたと紹介する一方、韓国車はTHAAD(終末高高度防衛ミサイル)問題の勃発によって販売は低迷していると指摘。こうした状況については、韓国国内でも「韓国自動車メーカーが寒波に襲われている」と報じられていると紹介した。

 続けて、中国自動車メーカーの「吉利汽車」の17年11月の新車販売台数は前年同月比37.8%増の14万1300台に達したことを紹介し、17年1ー11月の販売台数は108万台に達したと伝えた。一方、韓国メーカーの現代自動車と起亜自動車は両メーカーで同40%減の97万台であったとし、吉利汽車は中国市場で韓国車を追い抜くことに成功したと主張した。

 記事は、中国での韓国車の不振は「THAAD問題が消費者心理に与えた影響以外に、中国車のコストパフォーマンスの高さや技術力の向上も大きく影響している」と指摘した。たとえば、同じ1.6リッターのセダンは現代自動車であれば10万元(約170万円)ほどするのに対し、吉利汽車は半額の5万元(約85万円)ほどで買えると伝えたうえで、吉利汽車は2010年にスウェーデンの自動車メーカー「VOLVO」を買収して以降、技術の向上は目覚ましく、「外資メーカーとの技術力の差は徐々に縮まっている」とした。

 中国市場における外資企業の業績はしばしば国家間の問題に影響されるが、現在の韓国車の不調も一時的なものか、それとも中国メーカーの技術の向上によるものかはこの先の動向によって明らかになるであろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)