中国人旅行客は日本に恩恵をもたらしているのに! 「扱いが雑じゃないか?」=中国メディア

中国人旅行客は日本に恩恵をもたらしているのに! 「扱いが雑じゃないか?」=中国メディア

中国人にとっては「訪日して日本に多大な経済効果をもたらしているのに、中国人に対する扱いが雑ではないか」という気持ちもあるらしい。(イメージ写真提供:123RF)

 2017年に日本を訪れた外国人旅行者の中で最も多かったのは国・地域別では中国人だった。爆買いはすでに減っているというが、それでも中国人の消費意欲は旺盛であり、日本に大きな恩恵をもたらしているのは事実だ。

 だが、中国人にとっては「日本に経済効果をもたらしているのに、中国人に対する扱いが雑ではないか」という気持ちもあるらしい。中国メディアの今日頭条は16日、「中国人観光客に対して日本人がどのような評価をしているか知っているか」と問う記事を掲載した。

 中国人の主要な訪日目的の1つが買い物となっているが、記事は「中国人は『旅行に来たからには買い物をせずに手ぶらで帰るのは勿体無い』という気持ちになってしまう」とし、それゆえ様々な物を買い込んでしまうと主張。こうした中国人観光客が日本にもたらす経済効果は大きいとしつつも、「地元の日本人の日常生活に少なからず支障をもたらしているのも事実で、すべての日本人に歓迎されているわけではないようだ」とも指摘した。

 たしかに、中国人たちが日用品などを買い占め、日本人客が商品を買えないというケースは多々起きているというが、中国人観光客が思っていたほど歓迎されていないことを受けて、中国では「歓迎されていないのに図々しく日本を訪れ、お金まで落としていくのか」と嘆く声もあると紹介した。

 しかし、記事に対して寄せられた声のなかには、「図々しいと言われようが別に気にしない。行きたい国に行けば良い」という意見や「こちらはお金を払う側なのだから、相応の対応を受けてしかるべきだ」など様々な反応が寄せられた。日本と中国には複雑な背景があるが、旅行は相互理解を促進する貴重な機会であるはずであり、それが新たなトラブルになったり、互いの感情を悪化させる要因になるのは避けたいところだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)