特別な絶景があるわけじゃないのに! 日韓が中国人を惹きつける理由=中国

特別な絶景があるわけじゃないのに! 日韓が中国人を惹きつける理由=中国

経済的に豊かになった中国人は休暇のたびに旅行を楽しむようになっているが、その行き先として日本と韓国が人気である。(イメージ写真提供:123RF)

 経済が豊かになるにつれ、休暇を国外で過ごす中国人も増加している。中国人の人気の渡航先といえば、日本や韓国の名が挙がるが、一部の中国人からすれば日韓の人気が高い理由が不可解のようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、「なぜ日韓は旅行先として多くの中国人を惹きつけるのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

 国外へ旅行することは自分の世界と見識を広げることにつながる。経済的に豊かになった中国人たちは休暇のたびに旅行を楽しむようになっているが、その行き先として日本と韓国が人気であることについて、記事は「日韓には特別有名な自然の絶景があるわけではないのに、中国人観光客をここまで惹きつけているのはどうしてなのだろうか」と疑問を提起した。

 まず、中国人の間で韓国が人気である要因の1つとして「韓国ドラマが与えた影響」を挙げ、ドラマのロケ地を巡る聖地ツアーやアイドルの故郷を直接訪れて、韓流の世界にどっぷり浸かりたいというファンが中国には大勢いるとした。

 また、記事は「日本はかつて中国に遣唐使を遣わして、建築方式や桜を始めとする様々な中国文化を持ち帰り、それを良い状態で保存している」とし、現代の中国人は自国では失われてしまったが、日本には現存する歴史的建造物や桜を堪能するために日本を訪れるようになったと指摘。こうした要因はあるにせよ、日韓両国は中国人を呼び込むための魅力的な旅行を提案しているのも事実であり、こうした旅行資源の開発は中国にとっても学ぶべき価値のあるものだとした。

 一方で、中国人観光客は本当に価値のあるものを見極められるようにならないといけないと主張し、日本や韓国で中国人が爆買いする商品のなかには「メード・イン・チャイナ」が含まれていることを強調、帰国後に恥をかかないように注意しなければならないとまとめている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)