日本人が羨ましい! 「中国では親になると、こんなに苦労する」=香港メディア

日本人が羨ましい! 「中国では親になると、こんなに苦労する」=香港メディア

中国では日本に比べて親も子も互いに強く依存している関係であり、日本のようにそれぞれが独立するという考えは希薄なのかもしれない。(イメージ写真提供:123RF)

 子どもの将来を心配するのはどの国の親でも同じであろう。また、親が子にできる限りのものを与えようとする思いも同様であろうが、中国と日本では親が子どもに対して、どれほどのものを与えるかという点で大きな違いが存在するようだ。香港メディアの鳳凰網はこのほど、「中国の親はなぜこれほど苦労するのだろうか」と疑問を投げかけ、日本の家庭と比較して嘆く記事を掲載した。

 記事は、「子どもは成人しても、両親の大きな庇護のもと、その恩恵を受けて生活する」というのが中国の家庭の伝統的な考え方であり、中国では日本のように「子どもは一定の年齢になったら親から独立して、自分自身で努力すべき」という概念がないと指摘した。

 続けて、具体的な事例として、中国人の一般的な人生設計は「若くして結婚して子どもを産み、子には英才教育を与えて一流の幼稚園や小学校に通わせること」が理想とされると紹介。子どもを一流の学校に通わせるためなら、どれだけ条件の良い不動産であってもそれを売却し、一流の学校がある学区内の「価値のない家に引っ越すことも厭わない」ほどであるとした。

 また、中国では子どもが大学を卒業しても親の苦労は続き、「子どもの就職先を探し、結婚相手を探し、家を買い与え、孫が生まれればその面倒を見る責任」まで負う。それゆえに中国の親が子どもに常に言い聞かせる「わたしが毎日こんなに苦労しているのは、すべてあなたのためだ」という言葉には、日本人が思う以上に「重い」のだ。

 さらに記事は、中国の親には社会的な圧力もあるとし、子どもが結婚する時に家を買っていないと「親が世間から白い目で見られる」という逃げ場のない苦労まで存在することを紹介。一方、子どもは「自分で努力することなく、成人すると豪華な家や車、そして、中流階級としての生活を手にする」とし、なんでも親にしてもらった子どもたちは結果として「希望の持てない迷える世代」になるのだと指摘した。

 日本では「子どもに面倒をかけたくない」と考える親は少なくないが、中国では年老いた親の面倒を見るのは子の役割であり、親もそれをごく当たり前のことと考える。中国では日本に比べて親も子も互いに強く依存している関係であり、日本のようにそれぞれが独立するという考えは希薄なのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)