中国は強くなったが、いまだにこれだけは日本に勝てない!=中国メディア

中国は強くなったが、いまだにこれだけは日本に勝てない!=中国メディア

スマートフォンを筆頭に、様々なハイテク製品で世界の市場を席巻しつつある中国企業も、ある分野では、依然として日本企業にはかなわないという。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・今日頭条は1日、「中国は強くなったが、これはなおも日本に圧倒されている」とする記事を掲載した。記事が指す「日本に圧倒されているもの」とは、カメラのことだ。

 記事は、「今の中国は各種の科学技術が飛躍的に発展し、多くの分野ですでに日本を超えている。しかし、今に至るまで日本人の独壇場にあり、わが国産製品が全く追いつけていないものがある。それはカメラだ。カメラのことを語ろうと思えば、キヤノン、ニコン、ソニー、富士フイルムなど日本のメーカーを避けて通ることはできないのだ」とした。

 そして、「日本のカメラ工業が長い歴史を持っていることは認めざるを得ない。そして、カメラの製造は一見簡単そうだが、実は多くのハイテク技術と工業力が結集されたものなのである。とはいえ、今の中国は宇宙船や人工衛星を作ることができるのに小さなカメラは作れないというのは、不可解かもしれない」と伝えている。

 記事はそのうえで、中国でもカメラ製造に取り組んだ歴史があることを紹介。中華人民共和国建国前の1947年には中国人初のブランド「仙楽」カメラが発売され、建国後の58年には工業化生産による初めてのカメラ「上海58−I」が誕生したと説明した。

 さらに、70年代には国産カメラが海外進出もはじめ、関連する工業体系も形成されつつあったが、改革開放がスタートした80年代以降に外国の大手メーカーが急速になだれ込んだこと、オートフォーカスやデジタルカメラというカメラ発展史上における2つのターニングポイントを逃したことで、中国のカメラは没落していったのだという。90年代以降、鳳凰、海鴎といったなかなかの品質を持った国産一眼レフカメラも製造されたが、あまりに高価ゆえ当時の市民には受け入れられなかったとのことである。

 記事は「かくして今日まで、カメラは依然として日本の天下にある。しかし、あまり自己卑下する必要はない。スマート社会の到来により、カメラにもこれからより多くの変化が生じるはず。いつの日か、われわれも追いつくことだろう」と結んでいる。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)