日本人の頭って・・・700ページ以上数字だけ書かれた本が、品切れになるほど売れている!=中国メディア 

日本人の頭って・・・700ページ以上数字だけ書かれた本が、品切れになるほど売れている!=中国メディア 

意味のないものに意味や価値を見出す、日本人の発想と、それを楽しむ日本の消費者の姿勢に、中国の人びとは感心している。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・光明網は2日、「719ページにわたり数字しか印刷されていない本が、日本で品切れになるほど売れている」とする記事を掲載した。

 記事は「近ごろ、『2017年最大の素数』という書籍が、日本のAmazonの数学分野販売ランキングで1位を獲得した。しかし、約3センチ2ミリの厚さがあるこの本の大部分、いや、全719ページには数字の羅列しか印刷されていないのである」と紹介した。
 
 紹介されたのは、東京・新宿にある出版社虹色社(なないろしゃ)が先月13日に出版したばかりの「2017年最大の素数」という本。本にはタイトル通り2017年末現在で発見されている最大の素数が記載されている。この「2017年最大の素数」数式で表すと「2の7723万2917乗−1」となるが、実際の数を書こうとすると2324万9425ケタもの膨大な数字の羅列になる。各ページにびっしりと数字を印刷しても、719ページという「超大作」になってしまうのだ。

 記事は「意外な事に、この数字しか書かれていない本が、ほどなくAmazonで売り切れになるほどの人気を博したのだ。出版社の責任者も『この本は全く実用的な意味はないので、こんなに売れるとは思わなかった。当初は円周率の数字を印刷して出版しようと思っていたのだが、円周率は無限に続くためボツになり、最終的に2017年現在で知られている最大の素数を選んだ』と驚きを示している」と伝えている。

 さらに、Amazonで売れているだけではなく、その評価も10人中7人が5点満点をつける平均4.7点という高評価を獲得していると説明。「このような反応に驚いた出版社は緊急に増刷し、近いうちに販売再開するとのことだ」と紹介した。

 これまでAmazonのみで販売されていた同書だが、同社のウェブサイトによれば新宿や大阪・梅田の紀伊國屋書店、さらには東京・国分寺の店で販売を始めたという。意味のないものに意味や価値を見出す、日本人の発想と、それを楽しむ日本の消費者の姿勢に、中国の人びとは改めて感心することだろう。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)