背筋が凍る思いをした・・・日中の教育の差が民度の差に? =中国

背筋が凍る思いをした・・・日中の教育の差が民度の差に? =中国

中国では、日本の教育について記事に取り上げられることが少なくない。特に、幼稚園や小学校での取り組みが、中国人の父母の関心をよぶようだ。(イメージ写真提供:123RF)

 日本の教育は学業だけでなく、道徳も重視されている。小中学校は日本社会で集団生活を送るためのルールを学ぶ場という見方もできるだろう。一方、中国では教育とは知識を指すことが一般的であり、学校でも勉強以外のことで細かいルールはほとんど存在しない。

 中国メディアの愛?微はこのほど、日本の小学校で子どもの入学前に保護者に向けて配布されたある資料を紹介し、「日本の小学生が守るべきルールを見て、背筋が凍る思いをした」と伝えている。

 記事が紹介している「保護者に向けて配布された資料」とは、入学にあたって子どもに身につけさせるべき生活態度について列記したものだ。たとえば「人の話を聞く」、「大きな声で返事や挨拶をする」、「整理整頓をする」、「うそをつかない」、「友達の悪口を言わない」、「仲間はずれにしない」といった内容が書かれている。

 こうした生活態度の指針については、日本のネット上でも「容易に身につけさせることはできない」といった声があがったと紹介する一方、「難しくとも、身に付けることを目指すべきもの」といった声も多く見られたと紹介。

 それに比べ、中国の教育は「放任極まりない」とし、ルールや道徳を学ばなずに育った大人の例として「観光地にゴミを投げ捨てる人々」、「公園の水飲み場で足を洗う人々」、「バスの座席に靴を履いたまま足を置く人」などの写真を掲載し、日本と中国の学校や家庭で行われている教育の差が民度の差につながっているとの見方を示している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)