中国人にとって日本は「郷に入っては郷に従え」が難しい国だ=中国メディア

中国人にとって日本は「郷に入っては郷に従え」が難しい国だ=中国メディア

団体旅行から個人旅行へ。訪日中国人の旅行形態が変わりつつある中、日本のマナーについて取り上げる記事が増えている。(イメージ写真提供:123RF)

 隣国同士とはいえ日本とは多くの面で習慣の異なる中国。訪日中国人の増加とともに、中国にはない「日本のマナー」も良く知られるようになってきた。個人旅行客が増えた今では、日本の習慣を知り、守ることはどうしても必要である。

 中国メディアの今日頭条は3日、日本旅行を考えている中国人に対して、日本にある「多くの決まり」を紹介する記事を掲載した。郷に入っては郷に従えとはいうものの、慣れないことが多いという。

 まずは、買い物に関してだが、何でもスマホ決算できる中国とは違い、日本では現金での買い物が一般的だ。そのため小銭が必要になることが多く面倒に感じるようだが、コンビニやスーパーでは両替してくれないことが多いので、買い物をしてお金を崩すか、ゲームセンターで両替したほうが良いとアドバイスした。

 また、よく言われる中国人の騒がさについては、レストランや電車内での電話を控えるように勧めた。さらに日本のレストランでは、高級料理店でなくても大声で話すと良い顔をされないうえに、ゆっくりしていると店の回転率をあげるために早く出て行って欲しいと言われることがあるとも注意を促した。

 別の面では、親切すぎて困惑するケースもあるという、日本のバスは降車の際、「バスが走っている間は歩かないで下さい」とのアナウンスが流れるが、中国のバスは、バス停到着前から「降りる人はあらかじめ準備するように」とのアナウンスが流れ、出口で待機するのが普通だ。また、レストランでは水に氷が入っているのは客への心配りであると伝えた。中国では冷たい物は体に悪いとされているが、日本では「サービス」の一環となっている。

 ほかにも、タクシーのドアは自動で開閉することや、お茶の類は中国のように甘くなく、無糖が一般的であるといった、ちょっとした違いも多いと伝えた。旅行前にこうした違いを知っておけば、無用なトラブルを避けることができ、スムーズに日本旅行を楽しめるだろう。訪日中国人の方々にはぜひとも覚えてもらいたいものである。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)