中国人の疑問・・・日本人はなぜ「かわいい」という言葉を頻繁に使うの?

中国人の疑問・・・日本人はなぜ「かわいい」という言葉を頻繁に使うの?

中国語の「可愛」と、日本語の「かわいい」は違う。(イメージ写真提供:123RF)

 日本人が生活のなかで頻繁に使う言葉は海外の人にとっては覚え易い日本語となりがちだが、中国メディアの捜狐は1日、日本人の女性が頻繁に使う「かわいい」という言葉について「中国人が使う意味や範囲を越えて、日本人の生活に溢れている」と分析する記事を掲載した。

 記事は、日本のアニメが好きな中国人にとって、最もよく知られた日本語は「かわいい」という言葉だと紹介する一方、中国人は素朴に「なぜ日本人はこんなにかわいいとばかり言うのか」という疑問が湧くと主張。日本人は自分が気に入っているスマホや洋服など、どのようなものも「かわいいと言う」としたうえで、「日本人はどんなものにも『かわいい一面』が存在することを見つけ出す」と論じた。

 さらに、日本語の「かわいい」という言葉には、単に自分が気に入っていて好きという意味を越えた意味合いを持つのではないかと考察。中国語にも「かわいい」を意味する「可愛」という言葉があるが、子どもに対して言うなど使用する範囲は日本語と比べると狭いゆえ、食べ物や洋服に対してはあまり使わないのが普通だ。

 記事は、日本人がさまざまな場面で「かわいい」と言う理由について、「完璧な状態で完結する美」と「未成熟な物事の潜在的な部分を評価する」という日本人の美学が関係しているのではないかと考察。その例として「日本のアニメやゲームのヒーローは鉄腕アトムのような子どもが多く、米国のように成人の男女ではない」と指摘し、これは日本人がもともと小さくて、未成熟なものを好む傾向にあるためであり、その傾向を「かわいい」という言葉で表現しているのではないかと論じた。

 日本人は感覚的に「かわいい」という言葉を使っているが、今後多くの若者たちがお互いの文化に触れることで柔軟にこうした感覚を共有して行けるとしたらそれは意義深いことと言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)