日本人は寒さを感じないのか? 特に若い女性の「薄着」ぶりは驚き=中国メディア

日本人は寒さを感じないのか? 特に若い女性の「薄着」ぶりは驚き=中国メディア

中国人は身動きが取りにくいのではないかと思うほど厚着をする人が多く、日本の冬の服装を「薄着」に見えるという。(イメージ写真提供:123RF)

 今年は日本各地で積雪が多くなっているが、普段あまり雪の降らない地域で生活している人にとっては厳しい寒さを実感する日も多いのではないだろうか。中国人から見ると日本人の冬の装いは比較的軽装に映るようで、中国メディアの今日頭条は2日、「日本人は寒さを感じないのか」と疑問を呈する記事を掲載した。

 中国人が漫画やアニメ、ドラマなどを通じて日本人の日常を目にする機会は多くなっているが、日本人は冬でも「薄着」に見えるという。確かに中国人は身動きが取りにくいのではないかと思うほど厚着をする人が多く、日本では女子高生などが冬でもミニスカートで素足のまま歩いている姿を見ると「日本人は寒さを感じないのか」と思ってしまうらしい。

 記事はこうした冬の装いの違いについて説明するうえで、まず日本の気候について触れ、「寒い地域は乾燥していて風が強くないゆえ、関東より南は実際それほど寒くない」とした。また、生活環境の違いも指摘し、寒い地域には「暖房設備があり、自宅や職場、また地下鉄など公共の場所はみな温かい」ので外で寒さを感じるのはごく短い時間だと説明した。

 また中国では東洋医学の概念から体を冷やすことを避けるゆえ、子どもは小さなころから厚着をさせて何枚も上着を着せる習慣があるが、「日本人は幼い頃から薄着をさせ、寒さに対する鍛錬を積んでいる」と思っている中国人もいると紹介。しかし記事は「これは誤解で実際には彼女たちも寒いのだが、日本人の女の子たちはかわいさを優先し、厚着は好まない」とした。

 近年の日本ではウォームビズが推進されており、インナーや小物アイテムを使いつつ、隠れたところで寒さ対策を行い、見た目も重視するが、中国の冬の寒さは日本以上であり、冬はオシャレより厚着が必須となっている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)