使用済みトイレットペーパーをゴミ箱に捨てること「中国では正しくとも日本では非常識」=中国

使用済みトイレットペーパーをゴミ箱に捨てること「中国では正しくとも日本では非常識」=中国

日本と中国の間で違うことのひとつが、「トイレ」にある。(イメージ写真提供:123RF)

 日本と中国では「トイレ」の文化が大きく違っている。日本のトイレは中国に比べて非常に清潔で、使う人の立場になった親切な設計となっていることが一般的だが、違うのはそれだけではない。中国では水洗トイレであっても使用済みのトイレットペーパーを流さないことが一般的で、ゴミ箱に捨てるのが普通だからだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本は中国人旅行客にとって人気の渡航先だが、日本人は「中国人のトイレの使い方」に対して不満を抱いていると指摘する一方、「中国では使用済みのトイレットペーパーをゴミ箱に捨てることは正しい振る舞いであることから、戸惑う中国人もいる」と伝えている。

 記事は、中国人にとって日本は「何度も旅行で訪れたくなる国」だと指摘する一方、一部の日本人は「中国人は衛生的ではない」と不満を抱いていると主張。中国では使用済みのトイレットペーパーをトイレ内に設置されているゴミ箱に捨てるのが普通であるため、日本滞在中にこの習慣に従ってゴミ箱にトイレットペーパーを捨ててしまう中国人がいると紹介した。

 だが、日本ではゴミ箱にトイレットペーパーを捨てるのは「非常識」なことであり、日本のトイレに設置しているゴミ箱はトイレットペーパーを捨てるためではなく、あくまでもゴミを捨てるためのものだと指摘した。

 それゆえ、中国人旅行客がトイレットペーパーをゴミ箱に捨てることについて、日本人が「非常識」だと考えるのも無理はないと指摘する一方、国によって習慣は違うものだが、訪日中国人は日本の習慣を尊重して行動すべきであると伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)