日本のネットユーザーたちは、中国人のことをこんな風に認識していた!=中国メディア 

日本のネットユーザーたちは、中国人のことをこんな風に認識していた!=中国メディア 

他人から自分がどのように見えているかということは気にかかるもの。特に、隣人の意見は。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・今日頭条は3日、日本のネットユーザーが中国人についてどのように評価しているのかを紹介する記事を掲載した。

 記事は、「世界において、日本と中国よりも文化がこれほどまでに複雑に織り交ざっている国どうしはないかもしれない。日本人の目は、中国人は一体どのように映っているのだろうか」としたうえで、日本のネット上に書き込まれた、日本人ネットユーザーによる「中国人観」を紹介している。列挙されたのは、基本的にポジティブな内容のものだ。

 まずは商才を始めとする才能や、世界に対する影響力についてだ。「中国人は商売がユダヤ人の次に上手だと思う」、「人口が多いので、優秀な人材がかなり多い」、「華僑ネットワークがすごい」といった意見が出たとしている。

 続いては、政治的なパワーについて。「プロパガンダが上手い」、「一度何かを作ることが決まると、直ちに住民を立ち退かせてあっという間に着工する」と紹介した。また、外交についても「日本にとっては厄介だが、中国人は外交上手」、「中国の政治家は日本より優秀」、「米国に『ゴルァ』と言える国」、「米国に唯一勝てそうな国」といった声が出ていると伝えた。

 さらに「日本の優れている点を賞賛してくれる」、「スポーツの話では、思いがけなく冷静を保つ」という見方のほか、「実際中国の若者は日本に対してそれほど敵対心を持っていない。相互理解を深めれば友好的にやっていけると思う」との意見もあったことを紹介している。

 異なる国に生きている以上、多かれ少なかれ意見の相違や価値観の違いは避けられない。だからといって、意見の相違により全く友好関係を築けないかといえば、そんなはずはない。特に民間レベルでは、違いを認識する一方で、互いに歩み寄る努力を大切にしなければならない。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)