日本で家を買いたい! 中国人はなぜ日本の不動産を買いたがる?=中国メディア

日本で家を買いたい! 中国人はなぜ日本の不動産を買いたがる?=中国メディア

中国人は価格が中国の北京などの大都市よりも安く良い投資対象であるために、日本で「白菜を買うように」不動産を購入する。(イメージ写真提供:123RF)

 ローン地獄になると分かっていても、家を買うことに非常なこだわりを持つ中国人。余裕がなければ親に資金援助してもらうか、きついローンを組んで「房奴」になってでも若くして家を買うというが、そんな中国人のターゲットが、最近では日本に向けられているという。中国メディアの網易はこのほど、「中国人はなぜ日本の不動産を買うのが好きなのか」に関する記事を掲載した。

 記事は、何億円もするマンションを2軒同時に現金で購入するなど、近年中国人による不動産の爆買いが見られると紹介。ある調査によると、中国人に人気の海外不動産として、日本は4番目にランクインしているという。日本で家を買う理由について記事は、中国と違って所有権を得られることや、価格が中国の北京などの大都市よりも安く良い投資対象であるために、日本で不動産を購入すると紹介した。

 それにしても、中国人はどうして「家を買う」ことに、そこまで固執するのだろうか。記事によると、中国のシステムがそうさせているという。中国では、教育、医療、保険といったサービスが家を買って戸籍を手に入れることで受けられるため、「家を買えば家庭が手に入る」という安心感があると分析した。これは不動産購入への意欲が低下している日本の若者とは対照的だ。

 しかし記事は、日本での不動産購入は諸刃の剣だと警告。まず、永住権のない外国人がローンを組むのは容易ではなく、仲介業者の信用性が確認しにくいこと、税金や管理費などに思いのほか費用がかかることなど、購入にはリスクもあると注意を促した。

 一部の富裕層は、信じられないほど気軽に不動産を購入するだけの財力を持っているようで、記事によれば「白菜を買うように」実際に家を見もせず、写真などの情報だけで購入する人もいるという。また、中産階級の中国人も日本の不動産購入に意欲的だと記事は紹介した。

 不動産の購入意欲が低下している日本に代わって、中国人が不動産業界を潤しているようだが、中国人による土地購入には日本人にとってのリスクもあり、文化習慣の違いからトラブルも発生しやすい。今後は何かしらの規制が必要になってくるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)