トイレに備え付けられたトイレットペーパーを見るだけで、日本と中国との大きな差を感じた=中国メディア

トイレに備え付けられたトイレットペーパーを見るだけで、日本と中国との大きな差を感じた=中国メディア

日本ではあらゆる公衆トイレに、使い切れないほどのトイレットペーパーが置いてあることを、中国との大きな差として感じるという。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は10日、「中国人に中国と日本との間に存在する巨大な差を感嘆させるには、トイレットペーパー1つで十分だ」とする記事を掲載した。

 記事は「中国では至るところでゴミ箱と清掃員を見かける。清掃員はのべつ幕なしに清掃しているのだが、一向にゴミはなくならない。なぜなら、掃除を終えたそばから、みんな新しいゴミを捨てていくからだ。どんなに一生懸命掃除しても、地面には永久にゴミが残るのである」とした。

 一方で「日本の光景は全く違う。日本の街ではほとんどゴミ箱を見かけないし、中国のあらゆる場所にいる清掃員もいない。道路上にはたまたま落ちている落ち葉のほかに、何人たりともゴミを捨てていくような現象は見られない。至る所が綺麗に掃除されているのだ」と紹介している。

 そのうえで「日本の科学技術は非常に強いが、地面の清潔さは何もブラックテクノロジーのおかげではないのである。自分で出したゴミを自分で持ち帰って処理するかどうかの問題であり、中国人にとってみればこれができればもはや高いモラルを身につけた人物ということになるのだ」と論じた。

 また、日本人と中国人とのモラルで非常に顕著な差が出るポイントとして、公衆トイレの使い方を挙げた。「日本ではあらゆる公衆トイレに、使い切れないほどのトイレットペーパーが置いてある。中国の青島市ではかつて日本に倣ってトイレにペーパーを置くようにしたのだが、その結果持って帰ってしまう市民が後を絶たなかったという。置いては持ち去られる、置きなおしてはまた持ち去るの繰り返しで、結局廃止せざるを得なかったというのだ」と説明している。

 そして、「中国と日本のモラルにはなおも非常に大きな差があることを認めざるをえない。日本は本当に、われわれが学び敬服するにあたる国なのである」と結んだ。

 日本でも昔から公衆トイレに潤沢なペーパーが備え付けられていた訳ではない。駅ではトイレ入口にある自動販売機で「ちり紙」を購入しなければならないケースが多かった。中国でもいずれは、トイレットペーパーの備え付けが当たり前になる時代がやってくるのではないだろうか。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)