日本の温泉には、本当に混浴があるの? どこに行けば体験できるの?=中国メディア 

日本の温泉には、本当に混浴があるの? どこに行けば体験できるの?=中国メディア 

一部の中国人の間で、日本の男女の混浴が注目されている。(イメージ写真提供:123RF)

 今年の冬は大陸から断続的に厳しい寒気が入り込んでおり、各地で記録的な低温や大雪が発生し、被害も少なからず出ている。体の芯まで凍りついてしまいそうな寒さの中で恋しくなるのが、温泉だ。中国メディア・今日頭条は11日、「日本の男女の混浴は、本当に存在するのか」とする記事を掲載した。

 記事は「いわゆる混浴とは、想像しているよりも実はもっと社交的。単に服を着ていないというだけなのである。服は着ないが、湯に浸かるまでは男女ともに腰にタオルをまくのが流儀だ。日本の温泉は美しい風景が望める屋外にあり、浸かりながら遠くの絶景が楽しむことができる。そこに現れる美しいスタイルの女性の姿。男性はあくまで芸術的な目で楽しむのである」とした。

 そのうえで「しかしながら、日本では至る所に混浴温泉があるわけではなく、普段行くような温泉には基本的に混浴の場所はないというのが事実だ。もし混浴文化を体験したいのであれば、山間などの辺鄙な場所にある温泉を求めて探す必要がある。そしてまた、仮に混浴温泉に辿り着いたとしても、若い人を見かけることはとても少ないのだ」と紹介している。

 記事は、昔の日本では確かに混浴の文化があったことを説明する一方で、明治維新後の急速な西洋文化の流入により「西洋では野蛮人される男女の混浴が徹底的に禁止された」と紹介。さらに、第2次大戦後には混浴文化はさらに下火となっていったとした。

 「男女の混浴は本当に存在する。体験したいのであれば、秘境に行くべし。混浴は日本の伝統文化の一種であり、スケベな目で見てはいけない」というのが、記事の結論だ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)