日本の市場がこんなに清潔なんて・・・「汚水が溜まっている近所の市場とは違う」=中国

日本の市場がこんなに清潔なんて・・・「汚水が溜まっている近所の市場とは違う」=中国

日本の市場を訪れた中国人は、「価格が安いにもかかわらず、売り物も環境も非常に清潔だ」と驚くという。(イメージ写真提供:123RF)

 旅行で他国を訪れる際は、観光地だけでなく、現地の人びとの暮らしがかいま見える場所を訪れるのも楽しいものだ。たとえばスーパーや市場などでは、その土地の風土や人びとの食生活などが見えてくるだろう。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本を旅行で訪れた中国人の友人の見解として「自分の友人は旅行で訪れた日本で、市場の虜になってしまったようだ」と伝える記事を掲載し、同じ食品市場であっても日本と中国では大きな違いがあることを指摘している。

 記事の中国人筆者の友人が訪れたというのは、周囲に住む人びとがスーパー代わりに買いに来るような、日本のどこにでもありそうな普通の市場だ。それでも「虜になってしまった」と語るのは、「価格が安いにもかかわらず、売り物も環境も非常に清潔だったから」だという。友人から市場の写真を見せてもらったという筆者は、その清潔さから「スーパーの写真じゃないのか」と思ったという。

 それもそのはず、中国の市場といえば決して清潔ではないのが普通だからだ。食材がただ板の上に並んでいるような市場も多く、なかには切り落とした肉をそのまま並べている場合もあって、衛生面で不安になることもある。それに比べ、日本の市場で販売されている食品は、たとえば野菜であれば洗浄や不可食部の除去などが行われていて、そのまま食べることができそうなほど清潔で、しかも新鮮だ。

 記事は、「自分の家の近所の市場は地面に汚水が溜まっているほど汚い」と伝え、同じ世界の同じ市場であっても、日本と中国では大きな違いがあると指摘し、「日本の衛生環境は称賛せざるを得ない」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)