中国人の心理を理解した自動車は、どうしていつも日系メーカーからやってくるのか=中国メディア

中国人の心理を理解した自動車は、どうしていつも日系メーカーからやってくるのか=中国メディア

「日系車はどうしてこんなに中国人のニーズにマッチしているのだろうか」と、中国メディアが考察した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は15日、「中国人の自動車購入心理を最もよく理解している自動車は、どうして大多数が日本からやってくるのだろうか」とする記事を掲載した。

 記事は、「今は国産車がよく売れるようになったとは言え、それでもよりたくさん見かけるのは合弁メーカー車と輸入車だ。そのなかで、日系車は特に好調な売れ行きをキープしている。細かく分析してみると、中国人の自動車購入心理を最もよく理解している車は、実際大多数が日本からやって来ているのだ。日系車はどうしてこんなに中国人のニーズにマッチしているのだろうか」として、3つのポイントを挙げている。

 まずは、低燃費である点だ。「日本にはエネルギー問題があり、自動車の燃費についてすでにほぼ極致まで高められている。少なくも現在、大手メーカーの中で同じクラスにおいて日系車に燃費面で勝る車は基本的にない。多くの中国人が、日本車は燃費が良いことを知っている。そして、日本のメーカーは、中国人が燃費のいい車を求めていることをはっきりと認識しているのである」と説明した。

 続いては、外観に対する配慮である。「どの国の消費者も、自動車の外観に対する好みを持っている。しかし、外観に対する中国人のこだわりぶりは遥かに他国をしのいでいる。中国では見た目が今一つだとどんなに性能が良くても魅力が大きく削がれてしまうのだ。これまでは韓国車が中国人の好みそうな外観デザインに力を入れてきたが、ここ数年では日系車のほうがデザインが良くなった」としている。

 そして、最後に挙げたのはラインナップだ。セダンにしてもオフロード車にしても日系メーカーはロークラス、ミドルクラス、ハイクラスのグレードを揃えており、しかも、それぞれしっかり作られていると指摘。「他国系のメーカーとは異なり、十数万元のオフロード車から、百万元のオフロード車まで揃っている。この点は敬服に値する」と伝えた。

 記事は最後に「こういった点から、日系メーカーが中国市場に対してとても深く研究していることがよく分かる。だから、国産車はがんばらなければいけない」と結んでいる。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)