「そこまでする?」と思うけど、やっぱり感動する日本人の気配り=中国メディア

「そこまでする?」と思うけど、やっぱり感動する日本人の気配り=中国メディア

中国メディアは、中国人にとっては「そこまでする必要があるのか」と疑問に思う場面も存在するものの、日本人の細かい配慮には感動させられると伝えている。(イメージ写真提供:123RF)

 日本を訪れる中国人観光客や日本在住の中国人からすると、日本人の生活のあらゆる面が「厳密」と映るようだ。中国メディアの捜狐は6日、中国人から見て日本人が「どれほど細かいことにまで気を配っているのか」を紹介する記事を掲載した。

 記事は、日本人が生活の非常に些細な点まで厳密に細かく気を配っていることには「いささかの困惑を感じることもある」とする一方、中国人は食事や買い物の際に日本流のサービスを受けて感動することも多いとした。

 たとえば、「中国人筆者が学生の頃にいた日本人教師に300文字の小作文を提出したら、日本人教師が500文字の評価文を誤字なく綺麗に書いて返してくれた」というエピソードや、「授業の場所が変更になった際は宿舎から教室までの地図を各生徒に用意してくれたこと」など、こんな教師にはそれ以前も以後も会ったことはないと述べた。

 また、日本流の細かな接客サービスについて、靴を購入する際にサイズが若干大きかっただけだったのでそのまま購入しようとしたら、「日本人の店員は足のサイズを手で測って、足に合わないサイズの靴を履くと足を傷めたり、危険なこともある」と丁寧にい説明してくれたと感動している。

 記事には「日本にはクレーマーと呼ばれる商品やサービスの欠陥を細かく指摘する人が存在する」と紹介しつつも、購入した商品に問題があった際の店側の対応は非常に丁寧で、代わりの新しい商品を届けてくれるだけでなく「謝罪と細かな原因説明がなされ、すべて客側の都合に合わせて対応がなされること」を驚きとともに紹介した。

 さらに、日本には多くの人には見えない隠れた場所にも親切な工夫やサービスが溢れているとし、そのおかげで知らずとも生活が便利でスムーズになっていると指摘。中国人にとっては「そこまでする必要があるのか」と疑問に思う場面も存在するものの、日本人の細かい配慮には感動させられると伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)