中国で日本人の自律性に感心した中国人、実際日本に行ったらさらに驚き震えた!=中国メディア

中国で日本人の自律性に感心した中国人、実際日本に行ったらさらに驚き震えた!=中国メディア

赤信号を渡らない、電車で「降車客優先」を徹底する日本人が、中国人には「恐ろしい民族」と感じられるという。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・今日頭条は18日、中国国内で日本人と接してその自律性の高さに感心していた中国人が、日本に行ってみてその思いをさらに強くしたというエピソードを紹介する記事を掲載した。

 記事は、「日本に行く前、ホテルで会計を担当していた。その時に多くの日本人と接触したが、彼らはとてもルールを守り、列を作って並ぶのを愛していると感じた。チェックアウト客が多い時、それが日本人だと自然に列ができるのである」とした。そのうえで、日本に行ってから日本人の自律性に対してさらに深く認識した、何をするにも人が多ければ必ず黙々と行列を作るのだと伝えている。

 一方で「中にはモラルのない日本人もいる。コンビニでバイトしていて、列に並ぶことなくレジ前に割り込んで来た人がいた」とも指摘。その際、他の客もいた手前、列に並んでくださいと大きな声で言ったところ、並んでいた客から思いがけず「先にやらせてあげて」と言われたとのことだ。

 記事はまた「震えを覚えたのは日本の交差点。大きな交差点では何十人、あるいは、100人くらいが信号待ちをするのだが、誰一人赤信号を渡らない。そして青に変わるとハチの巣をつついたように人が動き出す。まるで突然沸いたデモ行進のようだが、とても静かでスピーディーなのだ。この場面に遭遇するたびに、これは恐ろしい民族だなと感じた」としている。

 さらに、日本人の自律性が垣間見える象徴的な場所して、鉄道の駅や電車内の様子を紹介。乗車の際に列に並ぶのは最近の中国でも見られるが、日本ではそれに加えて「降車客優先」のルールがしっかり守られており、降りたい客が車内に戻されたり、叫び声をあげたりする状況は起きないと伝えた。

 そして、車内で口を手で覆いながら携帯電話の通話をする人や、足を踏まれ続けても長時間叫び声をあげずにガマンし続ける乗客などのエピソードを、「車内で騒ぎ立てない」という自律性の表れとして紹介した。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)