軽自動車は精密で可愛らしい「小動物」みたい! しかも日本では「メンツは潰れない」=中国

軽自動車は精密で可愛らしい「小動物」みたい! しかも日本では「メンツは潰れない」=中国

中国では自動車を所有することは「ステータス」の1つとされており、どんな高級車に乗っているかは重要な意味を持っている。(イメージ写真提供:123RF)

 初めて日本を訪れる中国人は「日本国内では高級車がたくさん走っている」と思いきや、街中で見かけるのは小型車ばかりということにいささか驚きを感じるようだ。中国メディアの今日頭条は15日、日本は先進国であり、その大都市でも「中国では見かけない小型車を多く見かけるのはなぜか」と問いかける記事を掲載した。

 急速に自動車社会へと変化している中国だが、自動車を所有することはまだ「ステータス」の1つとされており、どんな高級車に乗っているかは重要な意味を持っている。こうした感覚のまま日本を訪れる中国人は、日本で多く走っている軽自動車を見て「なぜわざわざ自分からメンツを潰すような小さな車に乗るのか」と感じる人もいるようだ。

 記事は、軽自動車は「実用性を重視した車」であるとし、日本では「軽自動車に乗っていてもメンツが潰れることはない」と指摘。政府による税金の優遇策があることが多くの消費者に受け入れられている主な理由であると説明した。また中国ではこうした小型車はあまり見られないが、日本では日常生活や仕事で使うのに適した大きさであり、狭い路地を運転したり、駐車したりするにもとても便利であるとした。

 国によって人気のある車は違い、車市場にもそれぞれの文化や事情が反映されるが、「中国の市場で軽自動車はあまり浸透しないだろう」と分析。一方で、日本の軽自動車は外見は小さくとも、自動車技術を詰めこんで精密に作られた可愛らしい「小動物」のような自動車だとし、中国にこうした「小動物」が輸入されないのは「不服にも感じる」とした。

 現在の中国の自動車市場を見ると、人気なのはやはり「大きな車」が主流だ。日本ほど核家族化が進んでいないこともあり、祖父母も含めた家族で利用するには少なくとも5人は乗れないと不便という実用面での壁も存在する。中国のネットユーザーからは「日本では実用性で車を選ぶが、中国は自慢する為に車を買う」という声や、「中国人の虚栄心は強いのだ」というコメントも寄せられており、日中両国の車に対する価値観に相違があることが分かる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)