中国に大きな影響を受けた日本はなぜ春節を祝わないの? =中国メディア

中国に大きな影響を受けた日本はなぜ春節を祝わないの? =中国メディア

日本では、春節を祝っていないが、正月には門松を飾り、大晦日を除夜(中国語では「徐夕」)と呼ぶことや、家族で年越しそばを食べることなどに「春節」の習慣が残っている。(イメージ写真提供:123RF)

 中国では旧暦で新年を盛大に祝う習慣がある。旧暦の正月は春節と呼ばれていて、大都市に出稼ぎに出ている人でも春節の時だけは故郷に帰省し、親族と共に食事などの団欒を楽しむ。2018年は2月16日が春節だったが、帰省ラッシュは「民族大移動」と呼ばれるほどの混雑ぶりを見せ、出稼ぎ労働者たちがいなくなり、人の気配がなくなった都市もあったようだ。

 中国メディアの捜狐はこのほど、「中国から大きな影響を受けてきた日本はなぜ春節を祝わないのか?」と題する記事を掲載し、その理由について考察している。まず記事は、中国は長い歴史の中で周辺諸国に大きな影響を与えてきて、日本もかつては積極的に中国文化や習慣を取り入れてきた国だと指摘した。

 続けて、日本も7世紀末から中国と同じように春節を祝う習慣があったと紹介する一方、明治時代に春節が祝われなくなったことを紹介。その理由として、明治政府が公務員に支払う月給は旧暦のままだと閏年があり、13カ月分の給料を支払わなくてはならず、当時財政難に陥っていた明治政府は暦を改めることによって公務員の給料を削減したことが、日本で春節が祝われなくなった大きな原因であると主張した。

 現在、日本では春節は祝われていないが、その一方で新暦の正月には門松を飾ることや、中国語のように大晦日を除夜(中国語では「徐夕」)と呼ぶことや、家族で年越しそばを食べることなどに「春節」の習慣が残っていると主張している。

 春節は中国人にとって特別な行事だ。街は赤いちょうちんで飾り付けられ、人々の気分も高揚する。家族団欒が春節の伝統的な過ごし方だった中国だが、近年は海外旅行などに出かける人が急増していて、春節の過ごし方に大きな変化が見られるようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)