日本人女性と結婚したらどうなるか「想像」してみた! 「畏れ多い気持ちになった」=中国

日本人女性と結婚したらどうなるか「想像」してみた! 「畏れ多い気持ちになった」=中国

中国人男性にとって、日本人の妻は、仕事から帰宅すると玄関で「おかえりなさい、おつかされま」とねぎらい、スリッパを用意して上着を脱がせてくれるイメージがあるという。(イメージ写真提供:123RF)

 外国人男性からは、理想の妻と言われている日本人女性。中国でも日本人女性に理想を重ねる男性は多いようだが、中国メディアの今日頭条は20日、「日本人女性と結婚するのはどんな感じ?」と題する記事を掲載した。日本人女性と結婚したことのない中国人男性が、日本人女性と結婚したらどうなるかを想像してみたという。

 記事はまず、日本の女性を妻にしたいと思っているのは「中国人だけでなく、世界の男性共通」の気持ちだと主張。そのうえで、妻が日本人だったらどのような生活が待っているのか、「実体験ではなく想像ではあるが」と前置きしたうえで紹介した。

 まずは、日本人妻は「礼儀正しい」イメージがあるのだという。何をしても「ありがとう」と感謝し、家に帰ると玄関で「おかえりなさい、おつかされま」とねぎらい、スリッパを用意して上着を脱がせてくれるイメージがあるという。一般的な中国人にはない習慣であるためか、中国人男性がこんな扱いを受けたら「畏れ多くて、びくびくしてしまう」と、挙動不審になりそうだという感想を述べた。

 また、日本人女性は主婦としての誇りと自覚が強いため、家のことをしっかりしてくれるだろうとも紹介している。中国では共働きが一般的で、疲れて家に帰ってきても、家の片付けや買い物、料理をする男性が良い夫とされている。記事はこれを、中国人男性の「奴隷化」と呼んでいるが、これに慣れてしまっているため、日本人妻がいたら妻の仕事に手を出して怒られてしまうかもしれないと想像している。

 最後に、日本人女性は優しく賢く清楚で、しかし内に秘めた強さを感じさせるという意味で、外見と中身のギャップがあるようだとも付け加えた。これらは、あくまでも中国人男性のイメージのなかでの日本人妻であり、近年は女性の社会進出も進んでいるため、結婚後に主婦として家庭に入る女性は減少傾向にある。それゆえ日本の一般的な「女性像」にも変化が生じているのだが、中国ではまだこうした変化があまり伝わっていないようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)