日本では「道に迷っても怖くない」、日本人は「時間や労力を割いてまで助けてくれる」=中国メディア

日本では「道に迷っても怖くない」、日本人は「時間や労力を割いてまで助けてくれる」=中国メディア

中国メディアは、言葉が通じない日本で道に迷ったとしても、心配する必要がないと伝えている。(イメージ写真提供:123RF)

 中国人の間で日本が人気の渡航先となって久しく、訪日する観光客は依然として多い。近年は個人観光ビザで訪日する中国人も増えており、観光地でない場所でも中国人旅行客を見かけるケースが増えている。旅行中に言葉の通じない場所で道に迷うことは不安が募ることと言えるが、中国メディアの千尋生活はこのほど、日本に限っては「道に迷っても心配する必要はない」とし、「道を尋ねる」という行為と「それに対する現地人の対応」から、日本と中国に「大きな差があることを実感した」と伝えている。

 言葉が通じない日本で道に迷ったとしても、心配する必要がない理由について、記事は「日本人は道に迷った人に対を助けようと親切に接してくれる気質がある」とした。中国では道を尋ねる側が相手に対して「すみませんが」と謝るが、日本では逆に道を尋ねられた側が「道を知らなくてすみません」と謝ることすらあるとし、日本では道に迷ったときに助けを得られやすいと説明した。

 実際、この記事の中国人筆者は日本で助けられた経験があるようで、ショッピングモールのなかで免税カウンターを見つけられなかったため、近くにいた日本人店員に尋ねたところ「方角を示すだけでなく自ら案内してくれた」と紹介。日本人の態度はまるで「ごく当たり前の仕事のよう」であったことも驚きだったとした。

 また、他にもホテルを探しだせずに困っていた時、中学生ぐらいの女の子が一緒に道を尋ねながら探してホテルまで付き添ってくれたと伝え、他人のために自分の時間や労力を割いてまで助けてくれる日本人の態度を目の当たりにして、「道を尋ねるだけで中国と日本の差がどれほどあるかが分かる」と主張した。

 また、中国の観光地と比較して、日本では風光明媚な場所でも入場料を取られることはなく、観光地での食事やサービスも法外な料金を請求されることがないとし、この点でも「日本は安心してリラックスした旅ができる」とした。日本を訪れる中国人が増え、日本の文化や日本人の気質に触れる機会が増えていることは喜ばしいことだと言える。是非とも良い思い出を作り、日本に良いイメージを抱いて欲しいところだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)