なぜ中国人は「旅行で訪れただけで日本を好きになってしまう」のか=中国メディア

なぜ中国人は「旅行で訪れただけで日本を好きになってしまう」のか=中国メディア

中国人にとって「欧米諸国は訪問前のイメージとの落差が大きいが、日本は『がっかり』させられることが非常に少ない」という声がある。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディアの快資訊は25日、中国のネット上などでは「日本人の民度の高さやサービスの質の高さを理由に日本が好きになった」という書き込みを見かけることが多いと伝え、実際に訪日旅行をきっかけに日本ファンになった人が身近にいるという中国人は少なくないはずだと伝えつつ、なぜ中国人は旅行で訪れただけで日本が好きになってしまうのかと疑問を投げかけている。

 記事は、日本を訪れる中国人が増え、訪日中国人客が自らの感想として「日本人は民度が高い」と述べることで中国では「日本人は民度が高い」というイメージができ、そして「日本製品を爆買い」したことで日本製品は質が高くて使いやすいというイメージが出来上がったと紹介した。

 そして、日本と中国には歴史問題という大きな障害があるにもかかわらず、訪日した中国人が日本のファンになってしまう理由について、中国ネット上における書き込みから分析。たとえば「欧米諸国は街中に落書きがたくさんあったり、ゴミがたくさん落ちていたり、訪問前のイメージとの落差が大きいが、日本は『がっかり』させられることが非常に少ない」という声があったという。

 さらに、多くの中国人の対日観は「旧日本軍がいかに残酷であったか」を伝える「教科書」や「抗日ドラマ」で植えつけられたものであるのに対し、「訪日することで旧来のイメージが覆されることで、その反動で日本が好きになるのではないか」という声もあった。

 初めて日本を訪れた中国人のなかには、日本の虜になってしまう人が少なからず存在すると言われる。中国人の多くは歴史問題などから日本に対してあまり良いイメージを抱いていないが、現実の日本にはそうしたイメージを覆す魅力があるということなのだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)