日本の子どもは地下鉄やバスで通学することもあるらしい! 「わが子には真似できない」=中国

日本の子どもは地下鉄やバスで通学することもあるらしい! 「わが子には真似できない」=中国

日本の小学生は子どもだけで地下鉄に乗って登下校する場合もあるが、中国の子どもにはとても真似ができないと中国メディアが伝えている。(イメージ写真提供:123RF)

 中国では保護者が小学生の送り迎えをするのがごく当たり前のこととなっている。児童誘拐が多いことや交通事故が多発していることなどが背景にあるとされるが、昼食を自宅でとる子どもも多いため、中国の保護者は1日に何度も家と学校を往復しなければならない。

 小学生の子どもの送り迎えは保護者にとって大きな負担であるだけでなく、学校近辺の交通渋滞などの問題も招いている。これは車で子どもの送り迎えをする保護者が多いためだけでなく、保護者も子どもも交通ルールを守らず、信号のない場所で道路を横断する人が多いためだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国と同じアジアの国なのに「日本の小学生たちは自分の足で歩いて登下校し、なかには子どもだけで地下鉄に乗って登下校する場合もある」と驚きを示し、中国の子どもにはとても真似ができないと伝えている。

 記事は、日本では社会インフラが整備されていて、子どもたちは自分の足で歩いで登下校できると紹介。また、日本人は交通ルールを守り、信号無視も少ないため、子どもたちは安心して通学することができるとした。

 さらに、日本の都市部では遠く離れた小学校に子どもが1人で地下鉄やバスを乗り継ぎながら通学するケースも多々見られることを紹介した。日本では子どもたちが交通ルールを守りながら通学しているが、中国では保護者の付き添いのもと、保護者が率先して交通ルールを破っていることを紹介し、日本の子どものように交通ルールを守りながら自分の足で登下校することは、「中国の子どもにはとても真似ができないことだ」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)