中国人が驚き、そして「奇妙に感じる」という日本の姓とは=中国メディア

中国人が驚き、そして「奇妙に感じる」という日本の姓とは=中国メディア

日本には非常に多種多様な姓が存在していて、世界的に見ても姓の種類が多い国といえる。(イメージ写真提供:123RF)

 人は誕生すると親から名前を付けてもらうのは日本も中国も共通だ。日本人の姓は1ー3文字ほどが一般的だが、中国人の姓のほとんどが1文字だ。また、中国では夫婦別姓が一般的で、子は父方の姓を名乗るケースが多いようだ。同じ姓でも日本と中国では大きな違いが存在するが、中国メディアの今日頭条は23日、中国人から見ると「奇妙に感じる」日本の姓を紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、日本には非常に多種多様な姓が存在していて、世界的に見ても姓の種類が多い国であることを紹介している。確かに中国では「王」や「劉」、「張」といった姓が非常に多いため、中国人から見れば日本の姓は多種多様に感じられることだろう。

 続けて、中国にも「神」、「毒」、「死」、「猪」などの変わった姓があり、これは中国人自身からしても驚きだというが、日本にはさらに驚きの姓が存在していることを紹介している。その姓とは「我孫子」、「御手洗」、「犬養」、「醤油」などだという。なぜ中国人から見て驚きなのかと言えば、「我孫子」や「犬養」という単語は中国語では「罵倒語」に当たる言葉だからだ。もちろん日本語では何ら侮蔑の意味はない。

 記事は、中国人が中国語で日本人の姓を読もうとすると「時折、違和感を感じることがあるかもしれない」としつつも、日本人の多くの姓は住んでいた土地などにまつわるケースが多いことを紹介。結びに記事は、日本は中国の文化から大きな影響を受けているにもかかわらず、「なぜ中国で一般的に用いられている姓とこれほど違っているのだろうか」と疑問を投げかけている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)