わが国の抗日神劇、日本人が見たら「どう思うかを考えろ!」=中国メディア

わが国の抗日神劇、日本人が見たら「どう思うかを考えろ!」=中国メディア

中国では毎日のようにさまざまな抗日ドラマが放送され、史実とかけ離れた描写から「抗日神劇」と揶揄されるドラマもある。(イメージ写真提供:123RF)

 中国の抗日ドラマでは近年、手刀で日本兵を切り裂いたり、日中戦争当時には存在しない武器が登場したりなど、史実とはかけ離れた描写が問題視されるケースが増えている。中国のネット上でもこうした抗日ドラマは「歴史のわい曲」であるとして批判する声は根強く存在する。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国では史実とかけ離れた描写のある抗日ドラマが「抗日神劇」と呼ばれていることを強調しつつ、日本人が抗日神劇を見たらどう思うかを良く考えるべきだと伝える記事を掲載した。

 記事は、近年の抗日ドラマは視聴者の興味・関心を引き、視聴率を獲得するために誇張された描写が増えていると指摘する一方、こうした描写のある抗日神劇は「日本兵を弱く描きすぎであり、これでは多くの犠牲を払った先人たちを冒涜していることにつながるうえに、歴史のわい曲である」と批判した。

 さらに、抗日神劇は中国人ですら「見るに耐えない」と考えているというのに、日本人が目にしたらどう思われるだろうかと主張。だが、中国の大手メディアが抗日神劇を批判したことが日本でも過去に報じられたことがあると紹介し、「日本人が抗日神劇を見たら、日本人は『中国人は自国の歴史を全く尊重していない』と考えるはずだ」と指摘し、史実とはかけ離れた描写を続ける抗日ドラマを批判した。

 中国では毎日のようにさまざまな抗日ドラマが放送されているが、日本でも抗日神劇の内容を知っているという人も多いのではないだろうか。事実、日本のネット上では抗日神劇の描写について怒るどころか、嘲笑する声も少なからず存在するのが現状だ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)