羨ましくて仕方ない、それは「日本が好きであろうと嫌いであろうと変わらない」=中国メディア

羨ましくて仕方ない、それは「日本が好きであろうと嫌いであろうと変わらない」=中国メディア

日本の治安の良さは、日本が好き嫌いに関わらず、中国人がうらやむ美点だという。(イメージ写真提供:123RF)

 中国には日本に対して否定的な感情を抱く人が少なからず存在するが、日本の社会にはそのような人でも認めざるを得ない美点や秩序があるのだという。中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本が好きであろうと嫌いであろうと、日本には中国人が羨望の気持ちを抱かざるを得ないことが存在する」と論じる記事を掲載した。

 記事が、「羨望の気持ちを抱かざるを得ないこと」として挙げたのは、日本の治安の良さだ。日本の治安がいかに良好かは、日本人の各家庭の「窓」を見れば分かるという。中国では高層マンションであっても窓に空き巣対策の「格子」が設置されていて、景観はあまり良いとは言えない。格子のある窓はまるで牢屋のようだ。しかし、日本では窓に格子が設置されていることはまずなく、日本を訪れた中国人は皆、驚きを禁じ得ないと指摘する一方、日本は治安が良いため、窓に格子を設置する必要もなければ、玄関に防犯扉を設置する必要もないのだと論じた。

 さらに、日本では尻ポケットに財布を入れていても盗まれることはなく、仮に不注意で落としてしまっても財布が警察に届けられることもあるほどだと指摘。また、電車の中で居眠りをする日本人は多いが、これは「寝ていても貴重品を盗まれる心配がないから可能なのだ」と紹介した。

 また、中国の一部のスーパーでは万引き対策のため、客が入店する際には手持ちの荷物をロッカーに入れるよう求めるケースがあるが、日本ではロッカーに荷物を入れる必要もなければ、帰り際に荷物検査を行うこともないとし、もちろん日本にも万引きという犯罪は存在するが、日本では客側と店側に信頼関係があるため、最初から客を疑うような行為はないのだと指摘した。

 そのほか記事は、日本では喫茶店やレストランなどで貴重品を置いたまま席を離れても問題が起きないこと、児童誘拐がほとんどないため、子どもたちは自分たちだけで登下校できること、女性が深夜に1人で出歩いても問題ないことなどを挙げ、こうした日本の治安の良さは「日本が好きであろうと嫌いであろうと、中国人からすれば羨望の気持ちを抱かざるを得ないこと」だと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)