美辞麗句に乗せられ・・・中国人観光客、日本で高額な「岩塩」を爆買い?=中国メディア

美辞麗句に乗せられ・・・中国人観光客、日本で高額な「岩塩」を爆買い?=中国メディア

中国人観光客は、「日本人がみんな使っている」「日本の女性が毎日飲んでいる」といった宣伝文句に弱いらしい。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は6日、近ごろ日本で宣伝文句に翻弄されて高い代金を支払い、岩塩を購入する中国人観光客がいるとする記事を掲載した。

 記事は、「今の中国人観光客はお金を持っていて、商人の販売手法にまんまと嵌ってしまいがちであると言わざるを得ない。どの国の観光業従事者、商人も特に中国人観光客の来訪を喜ぶ」としたうえで、すでに便座の「爆買い」が終息した日本で、今度は、岩塩に「爆買い」の兆しがあると紹介。塊1つを1万元(約17万円)もの価格で買ってくる人もいるとした。

 そのうえで「日本から買って帰って来る高額な岩塩は確かに見た目は美しいが、採掘方法や加工方法は決して複雑なものではなく、それほど高いお金を出して買うほどのものではない。しかし、中国人観光客たちは『これは日本の貴族専用だった塩だ』などという宣伝文句を聞かされると、すぐに市場で見かける食塩とは違うのだと思い込んでしまうのだ」と指摘している。

 また、「1万元もの値段で買った岩塩だが、実際は味においても栄養価においても普通の食塩と何の違いもないのだ。『貴族専用』というのは、日本の歴史において食塩が希少だったため貴族が岩塩を食塩として用いていたというだけである」とした。

 記事は、「科学技術が発達した今、どうしてこれほど多くの中国人観光客が日本に行ってこのような物を買って帰るのか。どこへ旅行をするにも明確な目的を持つべき。買い物をメインにしてしまっては、旅行が持つ真の意義は失われてしまう。日本を旅しても、帰国後に残る思い出が長蛇の列に並んで商品を奪い合ったことだけ、ということになりかねない」と論じている。

 中国人の日本ツアーでは「日本人がみんな使っている」「日本の女性が毎日飲んでいる」といった宣伝文句で日本人が見たことがないような健康食品などを高い値段で買わされる事例がしばしば報告されてきた。ショッピングを旅行の目的にすること自体はやぶさかではないが、眉に唾をつけたうえでショッピングを楽しむべきだろう。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)