日本の医療サービスを知ってしまうと「やるせない気持ちになってしまう」=中国

日本の医療サービスを知ってしまうと「やるせない気持ちになってしまう」=中国

日本と中国の医療サービスには大きな差があるようだ。中国では医者が患者から多くの料金を取るために不要な検査を行って患者とトラブルになる「医患衝突」が頻繁に起こっている。(イメージ写真提供:123RF)

 近年、医療サービスを受けるために日本を訪れる中国人が増加している。その理由としては日本の医療技術の質の高さはもちろん、サービスとしての質の高さを中国人たちが評価していることが挙げられるだろう。中国メディアの網易はこのほど、日本の医療サービスがどのようなものかを知ってしまうと、日中の医療サービスの差に「中国人としてはやるせない気持ちになってしまう」と論じる記事を掲載した。

 記事は、日本と中国の医療制度は大きく違っていると指摘し、日本には小規模な病院や診療所が多く、中国のように大病院に多くの患者が詰めかけるようなことは起きにくいと指摘。頭痛や熱といった軽い病気であれば、診療所に行けば済み、しかも、診療所だからと言っても、その医療サービスの質が担保されているのが日本であるとした。

 また、日本では医者が患者から多くの料金を取るために不要な検査を行うといった問題はほとんど起きないと紹介。中国ではこのようなトラブルは「医患衝突」と呼ばれるほど頻繁に発生しているが、記事は「日本では医療サービス全体が分業制となっているため、患者側と衝突も起きにくい」と指摘したほか、同様に薬の処方と調剤を分業制とする「医薬分業」も採用されているため、患者にとって不要な薬が大量に処方されることもないと指摘した。

 さらに、日本の医療現場では医師や看護師の態度は非常に親切で、高圧的な態度もないと称賛したほか、日本の病院では家族や友人が入院しても「費用は後払いで良く、しかも保険が適用となる」と紹介し、費用の先払いや1日ごとの支払いは不要であると紹介。中国では入院はもちろん、検査をするたびに1回ずつ費用を支払う場合があったり、順番を早めてもらうために袖の下を渡すようなケースも多いが、記事は日本の医療サービスはあくまでも患者の立場や目線から構築されていることを強調した。

 記事には中国のネットユーザーから多くのコメントが寄せられており、「日本の医療サービスの水準に中国が追い付くには何十年もかかるだろう」、「日本の社会福祉のレベルの高さには敬服させるを得ない」といった声が殺到していた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)