日本に対する好感度が100%に近い国がある! それは・・・=中国メディア

タイ人の対日好感度が98.3%との調査結果 最低は中国の27.9%で、下から2番目は韓国

記事まとめ

  • 中国メディアはタイ人の対日好感度が98.3%と非常に高い割合になったとする記事を掲載
  • さらに「日本を信頼できる」と答えた人の割合もタイが最多で96.2%と高い水準になった
  • どちらも中国と韓国がワースト2で、特に韓国人の日本に対する信頼感の低さが際立つ

日本に対する好感度が100%に近い国がある! それは・・・=中国メディア

日本に対する好感度が100%に近い国がある! それは・・・=中国メディア

タイの対日好感度は非常に高いことが知られているが、直近の調査で一段と向上しているという。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は12日、日本の団体が発表した調査で、タイ人の対日好感度が98.3%という非常に高い割合になったとする記事を掲載した。

 記事は、日本の公益財団法人「新聞通信調査会」が10日に発表した、米国、英国、タイ、中国、韓国、フランスの6カ国の市民それぞれ約1000人を対象に実施した世論調査の結果で、タイ人の対日好感度が6カ国中最も高く、前年比6.7ポイント増の98.3%になったと紹介した。

 また、対日好感度が2番目に高かったのは米国で83.6%だった一方、最低は中国で27.9%、下から2番目が韓国で38.3%となったことを伝えている。ただ、中国は前年比4.5ポイント、韓国は同8.3%上昇しており、全体的に対日好感度が高まる傾向が出たようだ。

 さらに、「日本を信頼できる」と答えた人の割合もタイが最も多く96.2%、米国も81.0%と高い水準になったのに対し、韓国が19.2%で最低に、中国が23.9%で下から2番目となったことを紹介。特に韓国人の日本に対する信頼感の低さが際立っている。

 記事はこのほか、各国民がニュースに触れるメディアの種類について質問したところ、中国を除く5カ国で「テレビ」が最高になったのに対し、中国では「ニュースサイト」がトップになったことを伝えた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)