日本の卒業式での一幕が・・・甘すぎる! こんな青春時代を過ごしたかった=中国メディア

日本の卒業式での一幕が・・・甘すぎる! こんな青春時代を過ごしたかった=中国メディア

日本の卒業式では、男子生徒が第2ボタンを意中の女子生徒にあげるという風習がある。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・今日頭条は16日、「日本の学校の卒業式で繰り広げられた一幕が、甘すぎる!」とする記事を掲載した。

 記事は、「日本の学校の卒業シーズンである。日本のある中学校で、卒業式の日に1人の女子生徒が自分の好きな男子生徒にプレゼントをした。すると男子生徒は、制服の第2ボタンを女子生徒にあげた。2人ともとても若々しい笑顔を見せている」として、その様子を撮影した動画を紹介した。

 そのうえで、「日本の卒業式では、男子生徒が第2ボタンを意中の女子生徒にあげるという風習がある。第2ボタンは心臓から最も近く、心の気持ちを意味するからなのだ」と解説。動画では最後に2人が抱き合い、周囲の生徒から大きな歓声が上がったことを伝え、「動画をみたみんなは、学生時代の甘い記憶がよみがえって来るだろうか」としている。

 記事を見た中国のネットユーザーは「甘すぎるだろ」「青春は美しい。永遠に記憶に残る」、「自分はすでにスタートラインの時点で負けている」、「若いっていいよなあ」、「本当にいいな。でも、あの頃自分にはそんな勇気はなかったな」、「ぜひ、その純真さを持ち続けて欲しい」といったコメントが寄せられている。

 一方で、「これが高校生ならまだしも、中学生なら早熟すぎる」、「早すぎる恋愛は良くない」など、現代の中国の価値観から評するユーザーも少なからず見られた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)