中国人が日本で「文明レベルの高さ」を感じるという「配慮」とは?=中国メディア

中国人が日本で「文明レベルの高さ」を感じるという「配慮」とは?=中国メディア

中国メディアは、社会的弱者とされる人びとにも配慮がある日本社会を、「文明レベルが感じられる」と論じた。(イメージ写真提供:123RF)

 近年増加している訪日中国人客。日本滞在の感想としては、日本は公共施設だけでなく、いたる場所がバリアフリー化されていて、子どもを連れて旅行するのにも便利だというものがある。このような日本の設計について、中国メディアの今日頭条は22日、日本では子どもや高齢者、障がい者といった社会的弱者とされる人びとにも配慮があると伝え、「そこから日本の文明レベルが感じられる」と論じる記事が掲載された。

 記事は、国家においては全ての国民の尊厳が尊重される社会であることが重要だとし、この点で「日本の社会は細かい部分にも配慮がある」として、その幾つかを紹介。例えば車椅子を利用する人の立場で考慮された設計が公共施設だけでなく、道路や公共の乗り物にも見られ、各所のバリアフリー化に努力が払われていることを指摘した。日本ではバリアフリー化が十分かどうかという議論はあるであろうが、中国と比較すると「道路の点字ブロックが単なる飾りでなく、その実用性が発揮されている社会であるのは事実」と指摘した。

 日本では一般的となった多目的トイレも中国では設置されている場所は少なく、中国人からすると、「日本は乳幼児を持つ親や車椅子を使う人にも配慮が存在する」と驚きを感じるようだ。また、日本では高齢者が現役で働く姿を目にすると驚きと同時に「生きがいを持って働ける職場環境があることは、高齢者の尊厳が保たれている証拠」だと思えるようだ。

 他にも乗り物や宿泊施設などに「女性専用」の車両や部屋が存在することや、子どもの利用し易さや安全性を考えた設計やサービスがいたるところにあることも、「日本では細かい所にまであらゆる利用者のニーズが考慮されている」と指摘し、こうした点から「日本の文明レベルの高さが感じられる」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)