日本の女子中高生の制服、スカートが短すぎるのはなぜ?=中国メディア

中国メディアが中国人は「日本の女子中高生の制服はスカートが短すぎ」と感じると報道

記事まとめ

  • 多くの中国人は「日本の女子中高生の制服はスカートが短すぎる」と感じているという
  • 冬でも変わらずに短いことで「日本人は寒さを感じないのか」と大きな疑問を感じるとも
  • 日本の女子学生のスカートが短い理由は「薄着をさせ、体を鍛えている」と映るよう

日本の女子中高生の制服、スカートが短すぎるのはなぜ?=中国メディア

日本の女子中高生の制服、スカートが短すぎるのはなぜ?=中国メディア

多くの中国人は、「日本の女子中高生の制服はスカートが短すぎる」と感じるようだ。(イメージ写真提供:123RF)

 日本の学校の制服姿はアニメや漫画の影響から中国でも広く知られているが、中国メディアの今日頭条は27日、中国人が日本の女子中高生の制服を見た時に感じる率直な感想を紹介する記事を掲載した。

 まず記事は、多くの中国人は「日本の女子中高生の制服はスカートが短すぎる」と感じることを紹介しつつ、冬でも変わらずに短いことから「日本人は寒さを感じないのか」と大きな疑問を感じざるを得ないと紹介。中国では東洋医学の考え方から、体を冷やすのは良くないと言う概念があり、子どもにはこれでもかと言うほど重ね着をさせる。また、学校の制服は男女共にジャージなので、冬場でも素足を出す日本の女子中高生の制服姿は「体に悪い」という点から驚きを隠せないようだ。

 続けて、日本の女子中高生のスカートが短い理由を考察し、「日本の子どもは幼い頃から学校で半袖半ズボンで過ごしているので、寒さに体が鍛えられているのだ」と主張した。日本人からすると学校で寒さに耐える訓練を受けたとは感じないが、中国人からすると「子どもに薄着をさせ、体を鍛えている」と映るようだ。

 また、学校側は統一された制服を着用させるという規律があるが、生徒側は「他の子が皆短いスカートをはいているから」という理由で短いスカートをはくと主張。他の生徒と異なることで注目を浴びたくないという気持ちがあるとし、制服という制度から「日本人が社会の秩序や規律を遵守し、個人より集団の統一を重視する態度」を見て取れると指摘した。

 さらに記事は、日本では思春期の反抗心からスカートを短くする生徒もいるとし、これは中国でも「制服のジャージに好きなキャラクターを落書きをして反抗心を見せるのと同じだ」と説明している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)