非の打ち所がない清潔さ・・・だから中国人は「日本人は恐ろしい」と口にする=中国メディア

非の打ち所がない清潔さ・・・だから中国人は「日本人は恐ろしい」と口にする=中国メディア

中国人は日本を訪れると「新鮮な空気、水道水が直接飲めること、衛生的な公衆トイレやゴミ1つ落ちていない道路」に感動すら覚えるという。(イメージ写真提供:123RF)

 日本を訪れる中国人観光客は年々増加しているが、一部の訪日中国人は日本人を「恐ろしい」と感じるという。それは日本人全体が1つの生き物のように同じ意識を共有し、「街全体を清潔に保っている」ためだと言う。香港メディアの鳳凰網はこのほど、中国人を驚かせる日本の街の清潔さと独特の風景について紹介する記事を掲載した。

 桜が開花するこの時期に訪日する中国人が特に多いように、中国人にとって日本は「桜」のイメージが強い。特に桜並木が続く道路や河川敷は日本各地に見られ、日本特有の風景と感じられるようだ。しかし、こうした風光明媚な景色だけでなはなく、中国人が「恐ろしい」と感じるというのが「細かい所まで非の打ち所がない街全体の清潔さ」であると主張した。

 中国人は日本を訪れると「新鮮な空気、水道水が直接飲めること、衛生的な公衆トイレやゴミ1つ落ちていない道路」に感動すら覚えるという。しかし、日本人からすれば、街中の空気が特に新鮮とは感じないであろうし、ゴミの1つや2つ落ちていると思うであろうが、あくまでも中国に比べると日本は圧倒的に清潔で、ゴミもまったく落ちていないように見えるようだ。

 また、中国人が「日本人は恐ろしい」と感じるのは、ごく一部の日本人が環境保護意識を持っているのではなく、「集団が意思を共有している」というところにあるようだ。中国人の多くは物を食べながら歩くので、果物の皮や食品の外装などを道に捨ててしまう人が多い。しかし、日本では誰もこうした行動をせず、「ゴミを道に捨てるということを環境を汚す行為として、誰もが認識している」と指摘した。それゆえに自分が使用した後に手洗い場の水滴をふき取るなど、汚れやゴミを後に残さないという小さな行動を自然と出来ている点に日本人と中国人の大きな違いがあると主張した。

 環境を清潔に保つための小さな行動の積み重ねが見られない中国では、街に多くのゴミ箱が設置されていてもあまり効果を発揮しておらず、ポイ捨てされたゴミを清掃する人員を増やすことで対応している現状にある。それゆえ日本人でもしばらく中国に滞在した後に日本に帰国すると「日本はなんて空気が新鮮で、道路が清潔なんだろう」と思わず驚嘆してしまうほどだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)