中国人が「日本のトイレは世界一」だと口々に賞賛する理由=中国メディア

中国人が「日本のトイレは世界一」だと口々に賞賛する理由=中国メディア

日本のトイレ事情に通じている中国人は、その「清潔さ」と「細部にまでこだわって設計されていること」に驚く。(イメージ写真提供:123RF)

 中国からは毎月、多くの観光客が日本を訪れており、特に春は桜の花見を目当てに来日する中国人は多い。日本を訪れた中国人は「日本は非常に清潔だった」と口をそろえ、帰国後に感想を友人などに語る。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本のトイレはなぜ世界一であると多くの人に認められているのか」と疑問を投げかける記事を掲載し、日本のトイレ事情について紹介している。記事はまず、日本を訪れたことがあるなど、日本のトイレ事情に通じている中国人は、その「清潔さ」と「細部にまでこだわって設計されていること」に驚くことを紹介し、そのうえで「日本のトイレは世界一である」と主張した。

 続けて、中国ではトイレは排泄をする場所に過ぎないが、日本には「トイレの神様」が祀られていたり、「トイレ協会」、「トイレの日」さらには「日本トイレ賞」なるものまで存在していて、日本人にとってトイレは単に排泄するだけの場所ではなく特別な場所なのだと主張した。

 さらに記事は、中国人が日本で爆買いした「温水洗浄便座」には単に洗浄機能があるだけではなく、他人の耳を気にすることなく用を足すことができる擬音装置があったり、トイレの個室内には保護者が用を足している間に乳幼児を座らせておくことのできる椅子が設置してあったり、オムツの交換をすることのできるベッドが設置してあったりと、あらゆる利用者のニーズを満たすための「配慮」がなされていることを強調。だからこそ「日本のトイレは世界一」なのだと論じた。

 日中でトイレ事情は大きく異なっている。中国では、各家庭のトイレは非常に清潔に保たれているが、公衆トイレはとても清潔とは言えないことが一般的であるうえにトイレットペーパーは自分で用意する必要がある。日本を訪れた中国人が日本のトイレ事情に驚くのも当然のことなのだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)