「さすが日本だ」「こんな光景は日本でしか・・・」、客の荷物を拭く空港スタッフに称賛の嵐=中国

「さすが日本だ」「こんな光景は日本でしか・・・」、客の荷物を拭く空港スタッフに称賛の嵐=中国

「こういうことはきっと日本でしか起こらない」と、中国人が絶賛した出来事とは・・・(イメージ写真提供:123RF)

 日本のサービス業の質の高さはよく知られている。訪日外国人旅行客の増加とともに、日本のサービス業の質の高さが海外にも伝わっているようだ。中国メディアの今日頭条は4日、中国のネット上で紹介され、注目を集めている日本の空港の動画に関する記事を掲載した。中国のネット上でも称賛の嵐だという。

 それは、日本の空港で見られたちょっとした親切で、雨の日に旅客の荷物が濡れていたため、ターンテーブルから出てきた荷物を係員が1つ1つ丁寧に拭いているところを撮影したものだ。動画の投稿者はその光景に感動したようで、「こういうことはきっと日本でしか起こらない」とタグをつけたという。

 中国国内でも空港のみならず、列車や長距離バスでも荷物を預けることができるが、荷物の扱いはどこも一様に「雑」だ。記事は「中国では投げ捨てるように扱っている」と表現しているが、まさにゴミでも扱うかのように投げる光景も見られる。これでは荷物がへこんだり壊れたりするのも無理はない。しかし、それに慣れている中国の乗客は当然のことと受け止めている。

 そうしたギャップがあるためか、この動画は中国で非常に大きな注目を集めているそうだ。記事によると、この動画は76万回再生され、中国の人びとに感動を与えているという。たとえば、「これこそ礼儀であり、美徳だ」、「多くの人が日本旅行に行くのには理由があった」といった称賛の声はもちろん、「民度で中国は敗戦国」と反省を促すもの、さらには荷物を投げ捨てるのは「荷物に触れる時間を最低限にするため」という意味であり「中国人が他人のプライバシーを守っている証だ」と皮肉を込めたコメントも寄せられている。

 メンツを大切にし、強い愛国心を持つ中国人だが、この動画に対しては素直に称賛の気持ちを感じているようだ。小さなことではあるが、日本のサービスの質を世界に知らせる良い機会になったと言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)