日本の中華料理には驚かされる! 「中国のとは結構違う」=中国メディア

日本の中華料理には驚かされる! 「中国のとは結構違う」=中国メディア

日本で食べられている中華料理は日本人向けにアレンジされ、中国で食されている料理とかけ離れていたり、中国には全く存在していない料理もある。(イメージ写真提供:123RF)

 国や住んでいる地域が異なれば、食文化にも違いが出てくるものだ。日本にも中華料理店は数多く存在するが、やはり本場の中華料理とは味が違っていて、日本人向けにアレンジが加えられていることが一般的だ。中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本の中華料理は日本独特のものだ」と論じる記事を掲載し、日本でごく一般的に食べられている中華料理と本場中国で食べられている中華料理の違いについて紹介している。

 記事はまず、日本人に中華料理は広く受け入れられていることを紹介する一方、日本で食べられている中華料理は中国で食されている料理とかけ離れていたり、中国には全く存在していない料理もあると指摘した。

 日本で餃子といえば焼き餃子が一般的だが、中国では水餃子が一般的であるうえに、おかずではなく主食であると紹介。日本人が餃子を焼いて、ご飯のおかずとして食べていると聞いた中国人は誰もが一様に驚くと主張した。

 次に記事は、天津飯を挙げ、「なぜ天津飯と呼ばれているのか不明であるばかりか、材料や調理の仕方は中国の天津とは全く関係がない」と紹介し、天津飯は中国に存在しない中華料理であると強調した。

 他にも記事は、「ラーメン」、「チャーハン」、「冷やし中華」、「中華丼」など中国で提供されている料理とまったく異なっていることを紹介している。近年、中国でも日本料理店や居酒屋風の飲食店がオープンしているが、日本人からすれば日本料理とは呼べない料理が提供されているのが現状だ。しかし、これは日本でアレンジされた中華料理が提供されているのと同じことであり、中国を訪れた際には中国風の日本料理を楽しんでみるのも一興かもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)