日本は子どもでも災害時に冷静に行動できる! その理由は・・・=中国メディア

日本は子どもでも災害時に冷静に行動できる! その理由は・・・=中国メディア

訪日中国人旅行者が増えているが、日本滞在中に地震などに遭遇し、災害時の行動が分からない人もいるようだ。(イメージ写真提供:123RF)

 自然災害の多い日本では、学校などで定期的に避難訓練が行われており、防災に関する最低限の知識を持つ人は多い。だが、中国では日本のように防災の知識が広く周知されているとは言い難く、日本滞在中に発生した地震に驚き、建物から一斉に飛び出してしまうという行動をとってしまう中国人旅行客もいるようだ。

 中国メディアの教育信息化はこのほど、日本は地震が頻発する国だけあって、国民に対する災害に関する危機意識と防災の知識の周知徹底が行われていると紹介し、そこには中国が学ぶべきことも多いことを伝えている。

 記事は、自然災害の多い日本では災害対策基本法をはじめとする法律の整備や防災の日の制定、防災に関する知識の周知徹底など、長年にわたって国民が災害から身を守るための教育や防災文化の醸成が行われていると紹介したうえで、日本では「災害発生時は自分の身は自分で守る」ことが基礎的な考えとして存在するがゆえに、知識の周知が重要なのだと論じた。

 続けて、日本で地震発生時に見ることができるのは「慌てずに秩序を保ちつつ、避難する人びと」の姿であり、混乱して逃げまどう集団は見られないと指摘。日本人は災害発生時にすべきことを知っているから混乱することがないのだとの見方を示したうえで、こうした知識の周知徹底に大きな役割を果たしているのが学校であり、日本では小学校のころから避難訓練や防災訓練が行われていることを紹介。それゆえ、日本では子どもの時点で一定の防災意識が形成されており、教師の一声で机の下に潜るなど、冷静に行動することができるのだと強調した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)