日系車が「売れないわけない」、良好な口コミが存在するのだから! =中国メディア

日系車が「売れないわけない」、良好な口コミが存在するのだから! =中国メディア

根強い反日感情があるとされる中国において、日系車が売れている。その背景には、多くの消費者が使用体験を交換する「口コミ」の存在があるという。(イメージ写真提供:123RF)

 中国は世界最大の自動車市場だが、市場規模が大きいと同時に参入しているメーカーの数も非常に多いため、各メーカーにとっての競争は非常に激しい。日系車は中国の外資ブランドのなかではドイツ系に次いで2番目に大きなシェアを獲得しており、根強い反日感情がありながらも非常に高く評価されていると言えるだろう。

 中国メディアの今日頭条は12日、中国国内では「日系車は鋼板が薄く、安全性に劣る」というデマが存在することを紹介する一方、日系車の販売台数を見ればこうしたデマに左右される消費者は決して多くはないと伝えつつ、「なぜ中国では日系車がこんなに人気なのだろうか」と問いかける記事を掲載した。

 中国を訪れたことのある人ならば、中国の路上では非常に多く日系車が走っていることを知っているだろう。記事は、中国で日系車が大きな支持を獲得している背後には、「良好な口コミ」があると伝え、多くの消費者は日系車を購入して「日系車は運転しやすく、耐久性に優れ、燃費が良く、さらにはメンテナンスなどの維持費が安い」というメリットを強く認識すると紹介。

 そして、こうしたメリットを体感した日系車のオーナーの評価が良好な口コミとなって、次の日系車オーナーを生み出すという流れができていることを指摘した。また、中国ネット上などで流れている安全性をめぐるデマについても「欧米や中国国内で実施されている自動車アセスメントで、日系車の安全性は高く評価されている」ことを信じる消費者が増えていると指摘し、まさに「論より証拠」であると論じた。

 さらに記事は、日系車を購入することを「愛国心に欠ける行為」と批判する中国人もいると指摘する一方で、中国では外資メーカーは中国企業との合弁が必要となり、日系メーカーは中国に工場も設置していることを強調。「日系車を購入するということは中国企業を支持していることにもなり、中国政府の政策を支持していることにもなる」と伝え、日系車を購入することは愛国に背くことではないと考える消費者も増えているのではないかと論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)