日本の清潔さは「表面的?」 とんでもない!「文句の付けどころがないほどだ」=中国

日本の清潔さは「表面的?」 とんでもない!「文句の付けどころがないほどだ」=中国

中国メディアは、日本人の環境保護に対する意識の高さは「文句の付けどころがない」と主張する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 初めて訪日した中国人の誰もが驚くという日本の清潔さ。中国では「日本が清潔なのは、法律でゴミのポイ捨てが禁止されているから」だという論調があるが、果たしてこの主張は正しいのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本の清潔さは表面的なものだという主張は間違っている」と指摘し、日本が清潔さを実現し、維持できている要因について紹介する記事を掲載した。

 記事は、日本人の環境保護に対する意識の高さは「文句の付けどころがない」と主張し、小学生からお年寄りまで全ての日本人が環境保護の意識を強く持っていると指摘。たとえば日本の道路はどこにも清掃員やゴミ箱が見られないのにいつでも清潔であると強調し、これは決して表面的な清潔さではないと指摘した。

 さらに、日本人は道を歩いている時にゴミが出ても、そのゴミをポイ捨てすることはなく、捨てることができる場所にたどり着くまで各自でゴミを持ち歩くと指摘。また、各家庭ではゴミの分別が厳格に行われていることを伝え、自分たちの環境を守るために日本人が真面目に取り組んでいることを見れば、「日本の清潔さは表面的なものだという主張は間違っている」ことが分かると強調した。

 また、日本ではペットを飼っている人が多く、犬を散歩させている日本人もしばしば見かけるが、飼い主は犬にリードをつけ、手にゴミ袋とペットボトルを持っていることを紹介。これは犬が散歩中にフンをした際に片付けるためだと指摘。日本人は他人に迷惑をかけることを嫌うため、こうしたマナーは皆がしっかりと守っていると論じた。

 続けて記事は、日本が清潔なのは各日本人が環境保護意識を持って行動しているからであり、より良い生活環境を実現するために「ゴミをポイ捨てしない」といった実際の行動につなげていることを伝え、「人目につくところだけ清潔なのではないか」という中国国内における声に反論した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)