日本人が大切にするマナーは「中国人に欠けているものばかり」=中国メディア

日本人が大切にするマナーは「中国人に欠けているものばかり」=中国メディア

中国メディアは、「日本人が守るマナーはいずれも中国人が守らないものばかり」だと伝え、良い点は積極的に学ぶ必要があると主張した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国の街中では時おり、マナー向上を呼びかけるスローガンを目にすることがある。マナーの悪い人が多いためにスローガンで訴求しているのであろうが、どれだけ効果があるのかは疑問だ。日本を訪れた経験を持つ中国人は日本人のマナーの良さに驚き、そして羨望の眼差しを向けるが、どのようなマナーに驚くのだろうか。

 中国メディアの快資訊は18日、日本人が日常生活で守るマナーを紹介する記事を掲載し、「日本人が守るマナーはいずれも中国人が守らないものばかり」だと伝え、良い点は積極的に学ぶ必要があると主張した。

 記事はまず、日本人は「穏やかな言葉」で相手に自分の意思を伝え、相槌などを多用しながらコミュニケーションを図っていることを紹介している。中国人は一般的に積極的に自分の意見を主張するが、その表現は直接的であり、それゆえ意見のぶつかり合いも少なくない。日本人はそうではなく、「私はこう考えるけど、あなたの意見は〜?」といった具合に、相手に考えを尋ねたり、判断の機会を与える話し方をすることを強調した。

 次に、日本人の「生活習慣」について紹介。中国では、街を歩いている人がいたるところで痰や唾を吐いている光景が見られる。だが、日本では痰や唾を吐かないことは、個人のマナーというだけでなく、他人を尊重したり社会人としてのモラルの現れと考えられていると指摘した。他にも記事は、「公共交通機関を利用している際に大声で会話したりしない」、「ゴミは分別して処理し、ゴミ出しの時間も決まっている」ことなどを挙げ、これらも中国人ができないことだと論じた。

 さらに、物を購入する際の習慣についても紹介している。日本では、見本を見て、その商品が気に入れば購入するが、中国では、見本を見て、さらに購入する予定の商品が本当に入っているか箱を開いて確認し、動作確認までしてから購入する。さらに、レジでは店員が箱と中身が一致しているか、また箱の中に他の商品が入れられていないか箱を開けて確認するのが普通だが、他人が開けたものを買いたいと思う客はあまりいないだろう。

 国や地域が異なれば生活習慣は異なってくるものだが、「欠けている」と感じているからこそ成長できるというものだ。日本人のマナーが良いと感じるのであれば、ぜひとも積極的に学んでもらいたいところだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)