これが「中国人の背筋を凍らせる」という日本の「匠の精神だ」=中国

これが「中国人の背筋を凍らせる」という日本の「匠の精神だ」=中国

多くの製品が機械で製造される現代において、日本にはまだ多くの職人が存在し、日本経済の発展と繁栄を支えている。(イメージ写真提供:123RF)

 中国で「匠の精神」という言葉が頻繁に聞かれるようになって久しい。この言葉は中国政府の公式文書にも頻繁に登場する言葉であり、主に中国製造業の高度化に向けたキーワードの1つとして使われている。

 そして、中国では「匠の精神」が反映された製品の代表として挙げられるのが日本製品やドイツ製品であり、品質に妥協せず、細かいところまでこだわることが「匠の精神」の具体的な意味合いとされることが多いようだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、現代の中国社会でもっとも不足している要素の1つが「匠の精神」であり、「匠の精神」がもっとも反映された製品の1つが日本製品であると主張し、日本の「匠の精神」は「中国人の背筋を凍らせる」ほどだと伝えている。

 記事は、日本には「匠の精神」を社風として持ち、ニッチな市場で圧倒的なシェアを獲得している中小企業が数多く存在すると紹介。また、日本では「匠の精神」を持つ人びとを「職人」と呼ぶことを強調し、多くの製品が機械で製造される現代において、日本にはまだ多くの職人が存在し、日本経済の発展と繁栄を支えているのだと紹介した。

 さらに、日本の職人は仕事を「お金を稼ぐ行為」とだけ捉えているわけではないと強調し、利益にならなくても生み出す製品には一切の妥協をしないのが日本の職人だと指摘。また、こうした職人の精神は日本の企業にも存在すると紹介し、だからこそ日本の製造業の不良品率は中国より圧倒的に低いのだと指摘した。

 また記事は、日本の「匠の精神」はお金のためではなく、「顧客」や「社会」のために仕事をすることでもあると伝え、こうした「匠の精神」は現代の中国社会でもっとも不足している要素であると強調。中国人のものづくりに対する考え方や仕事に対する考え方と日本の「匠の精神」には大きな隔たりがあり、その隔たりは「中国人の背筋を凍らせる」ほど大きいと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)