日本で民進党が国民党になる・・・ジョークだろ? 台湾でどよめきが起こる=中国メディア

日本で民進党が国民党になる・・・ジョークだろ? 台湾でどよめきが起こる=中国メディア

「民進党」に続き、「国民党」という台湾を想起させる名前の政党が再び日本で誕生することになって、台湾の人々も様々な感想を持ったようだ。(イメージ写真提供:123RF)

 「民進党が別の党派と合併して、国民党になる」。そんな話を台湾の人が聞いたら、その多くが耳を疑うに違いない。中国メディア・環球網は24日、日本に「国民党」が誕生することが決まり、台湾や日本のネット上でその党名が話題になっていると報じた。

 記事は、希望の党の玉木雄一郎代表と、民進党の大塚耕平代表が24日に国会内で会談を行い、両党の合併後の名称を「国民民主党」(略称国民党)にすることを決定、会談後に双方が発表したと紹介。新党名については23日に行われた両党国会議員の会合で「国民民主党」のほかに「改進党」、「共和党」などの案が出されたが、最終的に「国民民主党」に決まったと伝えている。

 正式名称は「国民民主党」であるものの、通常は「国民党」という略称が広く用いられることが想定される。民進党に続き、台湾を想起させる名前の政党が再び日本で誕生することになった。

 記事は、この情報を知った台湾ネットユーザーの反応を紹介。「笑った」、「新党の名前はともかく、『民進党』という党名が歴史のゴミ箱に捨てられることになる」、「今日一番笑えた話だ」、「ユーモアがあり過ぎる」などと茶化すコメントが寄せられたことを伝えた。

 また、日本のネットユーザーからも「孫文や蒋介石もびっくりだ」、「1930年代だったら、国民党は日本人の敵ではないか」などといった感想が出たことを紹介している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)